サイパン旅行記 第2話「出発・成田への道のり」

odaibahinode

首都高速道路風景

 

サイパン旅行に出かけるには、成田国際空港まで出てこなければならない。

東京郊外に住む僕としては、クルマで成田空港まで行くにはそれなりの労力がかかる。
今回どんな風に出発して到着したのか。空港までの道のりなどについて記しておこうと思う。

 

成田までの道のりと経過

今回、離陸時間と僕の住まいからの距離そしてクルマという移動手段との関係で、出発当日は午前3時起きとなる。前日普通に働いているし出かける前に自宅を綺麗にしておきたい。ということで、3時間くらいしか寝る時間もなく、空港までのドライブが非常に不安でしょうがなかった。

自宅から空港までは、およそ120キロの距離。高速道路を使えば、平日の明け方という時間帯も手伝っておそらく3時間前後で成田に到着できる。けれど、昔交通費をケチって下道で延々成田まで5時間かけて行った記憶が強烈らしく、5時間取らないと不安になる。

チェックイン開始が8時25分からだったので、逆算すると3時半くらいには出発したかったけれど、あまりに寝ないのは心配なのでちょっと時間をズラした。結局家を出たのは4時だった。

途中コンビニで朝ごはんを買い、頬張りながら運転する。必ず退屈になるので、適当にDVDを見繕ってクルマに積んでおいた。これは大変助かった。まだ周囲は暗いけれど、金曜日の朝ということもあって交通量はそこそこ。けれど、やっぱり昼間と違って道は空いている。なので順調に進むことができた。

高速道路を走っているとき、日の出を迎えた。
その時僕は、首都高速台場線上を走っていた。ちょうどレインボーブリッジを差し掛かったあたり。その景色が、冒頭の画像だ。

東京湾に浮かぶような朝日が非常に美しかったので、ウッカリ見惚れそうになってしまうくらいだった。

 

必ず立ち寄る「酒々井パーキングエリア」

台場から先は、東関東自動車道に移る。ここからは只管一直線。やっぱり平日の明け方という時間帯は、道が空いていて走行が快適だ。早ければ、浦安インターから30分くらいで成田空港に到着してしまうだろう。これといって事故や工事など渋滞になりそうなものもなさそうだし、ここで時間に余裕が生まれた。

グアムやケアンズに出かけたときもそうだけど、僕はこの東関東自動車道つまり東関道を走る際、必ずと言っていいほど酒々井のPAに立ち寄る。単純に煙草が吸いたくなるだけだけれど、何となく成田へ行くときの習慣みたいになってしまっている。

ちなみにケアンズ旅行の際は夕方に立ち寄ったので、賑わっていた。今回は、大型トラックで賑わっていた。ドライバーは皆、ここで一休みしていくのだろうか。煙草をふかしながら、そんなことを何となく思った。

☆参考:酒々井パーキングエリア -Wikipedia

 

酒々井まで来てしまえば、成田はもうすぐそこ。空港への分岐を過ぎて、成田ビューホテルを横目に一本道をゆく。ここから先はもう空港に入ったようなものなのだけれど、相変わらず敷地内の分岐で戸惑う。

今回は第1ターミナルに用があったわけだけれど、うっかり第2の方へ行こうとしてしまったりする。同じ空港でも羽田はグルッと一周できるから何度間違えても平気だけれど、成田は何だか面倒なイメージがある。ともあれ、空港へ無事到着だ。時間は6時30分くらいか。予定より、ちょっと早い到着となりそうだ。

 

次回は、成田国際空港での模様を。

関連記事

記事はありませんでした

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

サイパン旅行記@白桔梗.com 記事一覧

  サイパン旅行記@白桔梗.com 記事一覧

サイパン旅行記で紹介したサイト一覧

  当サイパン旅行記において、参照したサイトを

サイパン旅行記 第35話《最終回》「はじめてのサイパン家族旅行感想」

サイパンだ!   僕らが初めて訪れたサイパン。旅行を

サイパン旅行記 第34話「サイパンからの帰国そして旅の終わり」

サイパン国際空港から見上げた空。   サイパンを離れ

サイパン旅行記 第33話「さらばガラパン」

ハイアットリージェンシーのロビー・・・   サイパン

  • PAGE TOP ↑