サイパン旅行記 第24話「夜のガラパンを練り歩く」

DSC_0139夜も懲りずにサイパンだ!

 

サイパン旅行2日目にして、ガラパンの繁華街を自由に歩き回った話。

昼間に下見した、DFSギャラリアやI♥SAIPAN、ハファダイショッピングセンターなどでのショッピングのお話をここで。

 

みんなで歩いて夜のガラパンを歩く

この日は僕と子どもらは、朝からプールで遊び午後は徒歩の行軍。嫁は終日ダイビング。それぞれ非常に疲れてしまったので、夕刻部屋で睡眠を取った。

ディナーは近所にある適当なお店で食べようと決めていた。何しろ宿泊しているのが「ハイアットリージェンシー サイパン」なので、となりのフィエスタリゾートともども、所謂繁華街は目の前というロケーションである。
なので、日が暮れてからでも充分ゆったり行動できる。

 

何を食べようかお店を物色したけれど、生憎全員それほど空腹でないということ。ならばと、先にショッピングに出かけることにした。
繁華街の中心にある「パセオ・デ・マリアナス」を歩く。昼間に比べて、観光客が多いようだ。僕らと同じように、この辺でご飯を食べようという人が多く見受けられる。マッサージの呼び込みは相変わらずだが、そのままついて行く人を僕はまだ見たことがない。人気、ないのかな?

そのままビーチロードに出て、歩くこと数分。昼間にも訪れた、DFSギャラリアに行った。
嫁はCOACHのバッグを物色しようと思っていたらしい。が、少し見てアッサリ「やめた」。何故ならば、思いのほか高額だったらしい。今は1ドル≒100円程度なので、海外で購入しても免税店であっても、そんなにお買い得感はない。ちなみに2年前にグアムへ行ったときには、当時1ドル80円レートだったので嫁はグアムのギャラリアで何やら買い漁っていたのを覚えている。その再現とはいかなかったようだ。

目玉はなかったようだけれど、来たからにはお土産などの目的もあるため、しばらく店内をウロウロした。
娘が、ハードロックカフェの1Fにある衣料品店に興味を持ったらしい。ジャラジャラした鎖系アクセサリーだとか、KISSメンバーがプリントされたTシャツなど、珍しくロック系ファッションに興味が出たようだ。これは翌日、そのTシャツをゲットできることになる。

 

サイパンだ!に遭遇

お土産コーナー近辺で物色していたら、入り口から何と「サイパンだ!」がフラフラと入ってきた。何かこう、外で一服して戻ってきました的な、何とも微妙でやる気の感じられないサイパンだ!だった。

 

saipanda_dfsやる気のなさがたまんない「サイパンだ!」

 

しかし、周囲にいた子どもらは「サイパンだ!」に群がっていった。超絶大人気!子どもたちに囲まれて、何となく彼がドヤ顔に見えた。

が、ウチの子どもらはその辺醒めていて、これっぽっちも興味を抱くことはなかった。だけど、嫁の勧めにより渋々記念写真を撮影していた。何だかどこかくたびれた、絶対中の人はオッサンであろう微妙極まりない「サイパンだ!」との時間であった。

 

I♥SAIPANでのショッピング話再び

次いで、ほぼお隣のI♥SAIPANに行った。

入り口をくぐった瞬間、「どうせ大統領だろう?」と思ったらオバマ・・・ではなくて民族衣装を身にまとった兄さんがテンション高く出迎えてくれた。いきなりハイタッチ。あれ?この流れ、どこかで・・・? ああ、前日のフィエスタリゾートにおけるジョイフルディナーショウにいたダンサーの兄さんだ。同一人物かどうか知らないけど、出で立ちもテンションもハイタッチも、完全に彼らと一致している。同じメンバーに違いない。今宵はこの辺で仕事があるのだろうか。と思っていたけどその後軒先でパフォーマンスをしていたので、その予想は当たっていたことになる。

ここでは、嫁の求めるお土産があったらしい。嫁は物色しに店の奥へ消えた。
一方僕は、昼間既に一度見聞しているので、それほど興味を引いたものはなかった。店の真ん中ら辺に、ジェリービーンズ49種類(らしい)詰め放題の場所があった。息子に見つかり、購入する破目に。ガチャポンのように、ハンドルをひねると一定量ジャラジャラ出てくるタイプのものだ。それが上下二段、20個以上は並んでいた。その中から、好きなものを詰め放題らしい。袋にラインが引いてあり、どこまで入れたかによって金額が変わるとのこと。

昼間にランチを摂ったイートインにて、見切り品の惣菜やパンが売っていた。嫁がそれを発見し、翌朝の朝食にと買い込んでいた。これは日本にあるそれと全く同じだ。値引きシールが貼られており、それはだいたい半額かそれ以下。カウンターはもう閉店していた。ここのは昼間食べたけれど、ソコソコ美味しかった。なので味の不安はない。僕も、めぼしいものを一緒に買った。

 

ハファダイ ショッピングセンターdeショッピング

なお、I♥SAIPANだけではお土産が揃わなかったという嫁。仕方ないから次は、通りを渡って向こう側の「ハファダイショッピングセンター」に向かった。ここはこの辺で唯一、フードコートのある場所と聞いている。しかし僕は、それを確認することを忘れてしまった・・・

☆参考:ハファダイ・ショッピングセンター(マリアナ政府観光局サイトより)

 

サイパンを歩いていると、各所に射撃ができるお店がある。ここにもそれはあるが、実際に使用できるのはライフルやショットガンらしい。詳しいことは知らないけれど、拳銃はダメなんだって。ちょっと興味があったけれど、どちらかというと僕は機銃掃射とか雷撃とか急降下爆撃など、航空機から発射する方に興味があるのでパス。

その隣に、スーパーがあったので立ち寄った。観光客向けにお土産コーナーも割と広く取ってあったため、5個パックになっているものなどその他大勢配布向けのお土産が主に並べられていた。
嫁はお土産を物色し、僕は一般の食料品や生活雑貨など現地のものに興味があったので、そちらをウロウロしてみた。

そのさらに隣には、「アスリーツ・フット」なるシューズ主体のスポーツ系ファッション商品が売っているお店が、スーパーと二間続きで存在した。嫁はそちらにも、何だか買いたいお土産があるとかで見に行っていた。僕はスーパーにおいて、海外でよく見かける「M&M’sチョコ」のビッグサイズを見つけて購入できたので、ご満悦。400gくらい入っていてお値段600円弱だったかな。これがあると、当分チョコには困らないので便利なんだ。

 

こうして一通りショッピングに興じたところで、いい時間になってきてしまった。その後一応近隣にあるABCストアにも立ち寄ったけれど、I♥SAIPANと売っているもののカテゴリーが似たりよったりなこともあって、特に購入するものはなかった。

 

最後にディナーする場所を物色

そろそろいい加減食事をとらないと。でないとお店が閉まってしまい、パンくらいしか食べるものがなくなってしまう。

ショッピングはここで打ち止めにして、ここでようやくディナーをするために繁華街方面に戻っていった。
歩きながら、子どもらに何を食べたいのか訊ねた。すると、「ラーメン」。おお、普通だな・・・
ちなみに僕の気分は「カプリチョーザ」だった。日本でもおなじみのこのお店が、サイパンにある食材でどんなメニューを繰り出してくるのか興味があったのだけれど・・・残念ながら、行けそうにないな。

ラーメンと言うお題が出たので、フィエスタリゾートの前まで戻った。確かあの辺には、中華系のお店がいくつかあったように記憶していたためだ。果たしてその通りで、アサヒ・華山亭・村一番と並ぶようにしてラーメンが食べられそうなお店を発見した。金八でもラーメンくらい食べられそうだけれど、ここは雰囲気で「村一番」を選択した。

「村一番」でのディナーの様子は、次書きます。

 

関連記事

記事はありませんでした

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

サイパン旅行記@白桔梗.com 記事一覧

  サイパン旅行記@白桔梗.com 記事一覧

サイパン旅行記で紹介したサイト一覧

  当サイパン旅行記において、参照したサイトを

サイパン旅行記 第35話《最終回》「はじめてのサイパン家族旅行感想」

サイパンだ!   僕らが初めて訪れたサイパン。旅行を

サイパン旅行記 第34話「サイパンからの帰国そして旅の終わり」

サイパン国際空港から見上げた空。   サイパンを離れ

サイパン旅行記 第33話「さらばガラパン」

ハイアットリージェンシーのロビー・・・   サイパン

  • PAGE TOP ↑