サイパン旅行記 第23話「サイパンで午睡という贅沢な時間」

hyatt04ハイアットリージェンシー客室から海を臨む

 

午後いちでホテルを出発し、徒歩でシュガーキングパークまで歩いて行ってきた。
帰る道すがら、DFSギャラリアとI♥SAIPANに立ち寄った。
おかげでホテルに戻ったのは、午後4時をまわっていたと記憶する。徒歩で3時間以上出歩いていた計算になる。普段ですらそんなに続けて歩かないので、まさに足が棒になったように疲れた。子どもらにも、エライ行軍をさせてしまったものだ。

 

ヘトヘトになってホテルに戻る

ヘトヘトになった僕らは、ホテルの部屋に戻ってきて昼寝をすることにした。昼寝というにはちょっと時間が遅いけど。
もう1時間ほどすれば、嫁がダイビングツアーから戻ってくる。それまでの間、どうせ天気もイマイチだし疲れたし、それに夜はどうせまた出かけるし、ここいらで昼寝がてら休憩することにした。

思えば、旅行に出かけて日中ホテルの部屋で昼寝をするなんて、今までやったことがなかったと思う。これは非常に贅沢な時間の過ごし方と言ってもいいと思う。
南洋の海をバックにのんびりとした時間の中、(天気は今ひとつだけど)シエスタを楽しむ。こんな旅行のひとコマがあってもいいかもしれない。

まあそれくらい日程をスカスカにしておいたということもあるし、サイパンはそこまで娯楽がある方でもない。
ダイビングほかマリンレジャーにショッピング、食べ歩きにスパマッサージくらいじゃないかな。誰でも楽しめそうな、サイパンにおける娯楽というのも。

まあマリンリゾートなので、マリンレジャーがメインなのは言うまでもないけれど、それにしてもグアムに比べると選択肢が狭い。反対に考えると、サイパンの街はそれだけのどかでいい意味で田舎なんだと思う。どこかで書いたけれど、ホテルを拠点にのんびりと南洋の空気を満喫するだけというのも、サイパンならではの過ごし方なんじゃないかと思った。そしてそれは、ものすごい贅沢なひとときなんじゃないかとさえ思う。

そういえば、僕らは朝っぱらから午前中いっぱいプールで遊んでいたのだ。それに加えて3時間以上徒歩でウロウロした。そりゃ疲れもするわけだ。嫁がいたら、たぶんスパに行って癒されてきていると思う。が、嫁はいないし子どもらがいるし。こんな時間の遣い方もなかなかできないと思い、午睡午睡。シエスタタイムですよ。

 

しばし眠ったあと、夕方5時半くらいに目を覚ました。
嫁は既に戻っていて、ダイビングで使用した機材をバルコニーに干しているところだった。
子どもらはまだ眠っている。そして、このあと嫁は僕と入れ替わるようにして寝てしまった。こちらもまた、予定にない急遽のダイビング1本増で体力を使ったのだろう。

 

ついでに嫁のダイビング話を少々

嫁に聞いた話だけれど、ダイビングにおいてサイパンを半周くらいしたらしい。なので、その話をちょっと。

嫁は今回、S2CLUBのダイビングツアーに参加したそうだ。東はバンザイクリフを回ってグロットから、西はシュガードックから臨むディンプルまで。合計3本潜ったというから、たぶん3ヵ所行ったのだろう。

この日は水中コンディションが殊のほか良かったとのことで、嫁が言うには今まで見たことないくらいの透明度だったそうだ。2本潜るところを急きょもう1本潜ったというから、余程コンディションが良かったのだろう。

惜しむらくは、嫁の持参した水中カメラが不調で満足に撮影できなかったことくらいか。それでも、数枚の写真を残すことはできたらしい。そのうち拝借してきて、サイトにアップしようかな。とりあえず、絵になるものをいっちょう↓に。

 

diving嫁のダイビング写真。

 

ということで、日の沈む時間帯、僕以外は全員寝てしまった。仕方ないから僕ももうひと眠りすることにした。

とはいえ、あんまり寝ていると今度は寝るべき時間帯に眠れなくなってしまうので、1時間ほどで起きるようにアラームをセットした。ちょうど、ディナータイムに合わせて。夜7時くらいに出かけられれば、行きたいところはたぶん全て行けるだろう。そう計算し、再びウトウトするのであった。

 

そして日が暮れきった頃、起きてディナーがてらガラパンをウロウロするのであた。

関連記事

記事はありませんでした

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

サイパン旅行記@白桔梗.com 記事一覧

  サイパン旅行記@白桔梗.com 記事一覧

サイパン旅行記で紹介したサイト一覧

  当サイパン旅行記において、参照したサイトを

サイパン旅行記 第35話《最終回》「はじめてのサイパン家族旅行感想」

サイパンだ!   僕らが初めて訪れたサイパン。旅行を

サイパン旅行記 第34話「サイパンからの帰国そして旅の終わり」

サイパン国際空港から見上げた空。   サイパンを離れ

サイパン旅行記 第33話「さらばガラパン」

ハイアットリージェンシーのロビー・・・   サイパン

  • PAGE TOP ↑