岡山紀行2016夏 第30話「倉敷散策その5 倉敷食べ歩き&散策」

 

岡山紀行4日目。僕らはこの日、倉敷を歩いてきた。

倉敷では、ちょいちょい色んなものを食べながら歩いてきたと思う。思ったより写真に残していなかったけど、食べ歩きの模様をメモしておこうじゃあないか。

なおここで挙げたものの一部は、僕の別ブログ「食物語@白桔梗」にて詳しくネタにしているよ。ついでにリンクを貼っておくので、参考にされたし・・・

 

倉敷ちょこっと食べ歩き&散策

こちらは「金賞コロッケ」。「全国コロッケコンクール」なるもので受賞したというのが名称の出処。ジャガイモがしっとりしておりホクホク感満載。もちろんその分、熱いッ!! なお美味しさのあまりもう1回食べに行った模様。

「金賞コロッケ」は各地にお店があるようだけど、検索するに倉敷のそれが結構有名らしいね。倉敷の観光サイトにも記載があったので、参考までにリンクを貼っておこうじゃあないか。

☆参考:公益社団法人倉敷観光コンベンションビューロー|金賞コロッケ 倉敷店

また、上で触れたとおり自前のブログでもネタにしている。

☆参考:金賞コロッケin倉敷

ここは、確か人力車に乗ったあとに立ち寄ったんだ。ちょっと歩こうってなって、おもちゃの「伊勢屋」さん(前の記事でちょっぴり登場している)に寄ったあと、デニムで有名な「倉敷屋」さんに行ったんだ。

☆参考:倉敷屋 | 大正ロマン風のプリントを使ったTシャツやエプロン、和雑貨の販売。

そのすぐ隣というか、同じ敷地と言っていいところに「金賞コロッケ」のお店を発見。見たら食べたくなるじゃん? というか僕は食べ歩き、大好きなんだ。こういうのを見つけて、素通りするわけがない。というわけで、中途半端な時間帯だけども美味しくいただきましたとさ。

 

「金賞コロッケ」を堪能し、「倉敷屋」でショッピングをしたあと、僕らは「有鄰庵」に立ち寄った。一瞬だけど僕は「甘兎庵」と見間違えたw

☆参考:岡山・倉敷のゲストハウス&カフェ 有鄰庵(ゆうりんあん)

タイトルどおり、ここはゲストハウスとカフェとを古民家風の建物に詰め込んだような場所だ。和風の食堂のようなカフェでは、「たまごかけごはん」と「しあわせプリン」が大人気なんだとさ。

なお、行列が出来ていたので断念・・・「たまごかけごはん」、美味しそうだったなあ。

また、「しあわせプリン」については以下のサイトも見たらいいと思う。

☆参考:有鄰庵人気スイーツ☆しあわせプリン体験 | プラン | 記念日をすごすまち 倉敷

これはいつか、リベンジしなくてはならない。それにしても、周辺の人通りはそんなでもなかったのに、ここだけやけに混んでいた。相当人気のお店なんだな。

 

最初に美観地区に出てきた場所、「竹宝堂」前まで歩いてきたあと、再び川沿いを歩くことに。今度は「大原美術館」前を右に折れて「倉敷中央通り(倉敷駅前から伸びる大通り)」方向へ歩いてみた。

川沿いで、路上にアクセサリを並べて売っていた。なんでも、簡易ながら名前を刻印してくれるらしい。お値段も安いものだったので、ここで立ち止まりしばしお買い物タイム。娘にネックレスか何かを買ってやった。

その後、各種お土産屋さんを物色。ここにも「倉敷屋」さんがあったと思う。何だかやけに、手作り系のお土産が売っていたのを覚えている。嫁が何か買い漁っていたけれど、僕は息子とガチャに興じていた。

 

そうしているうちに、「何か冷たい(甘い)ものが欲しいよね」ということになる。そこで、今度はスイーツを物色することになった。

色々楽しそうなものがあったけれど、みんなワガママなので(僕含む)なかなか決まらない。結局、カキ氷の看板に釣られて入ったのが「橘香堂」というお店だった。

☆参考:橘香堂(きっこうどう)

ここは、倉敷銘菓「むらすゞめ」「倉敷バームクーヘン」「倉敷小町(ブッセ)」など和洋菓子を売るお店だ。

 

 

このクリームあんみつのようなもの(かき氷のあんみつ)については、下記自前ブログ記事にてリポートしている。

☆参考:かき氷のあんみつ in 倉敷~橘香堂 美観地区

この「橘香堂」、単なる和菓子屋さんかと思ったらそうでもなかった。お店の奥に喫茶スペースがあり、こうして甘味を味わうことができたのだ。この喫茶スペース、以前はカフェ的なお店だったらしい。それが閉鎖したあとは、普通の甘味処のように営業しているようだった。

ここで涼み、甘味を満喫した。僕はあんみつ系統のものが大好きなので、思わぬところでこのような冷たく美味しいものを食することができ、テンションが上がらぬわけがない。上機嫌でお店を出た。

 

その後しばらく周辺を練り歩いたところで、美観地区を去ることにした。せっかく倉敷へ来たので、駅の反対口(かつて「倉敷チボリ公園」があったところ)にも行ってみようとなったのだった。

なお駅へ戻る道中、「バクダンキャンディー」に出会った。生憎写真を撮り損ねてしまったので、Wikiの項目を参照してもらおう。

☆参考:バクダンキャンディー – Wikipedia

これもまた、岡山の名物のひとつだという。平たく言えば、ゴム風船に入ったアイスというもの。先端をちょんぎってチューチュー食するものだ。息子が美味しそうに食べていたなあ。

ということで、何だかんだ食べてしまった楽しい散策の時間は一旦終了。このあとは、倉敷駅北口方面でランチその他の時間を過ごすことになる。

関連記事

記事はありませんでした

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

岡山紀行2016夏 第33話「帰路 岡山空港にて」

  岡山紀行最終日。4泊5日の行程も、この日で

岡山紀行2016夏 第32話「最終日の朝に食べたもの」

上の画像は、岡山の名物のひとつ「岡山備前銘菓 大手まんぢゅう」

岡山紀行2016夏 第31話「倉敷散策その6 倉敷駅北口方面散策」

  岡山紀行4日目。この日は倉敷を散策。今回は

岡山紀行2016夏 第30話「倉敷散策その5 倉敷食べ歩き&散策」

  岡山紀行4日目。僕らはこの日、倉敷を歩いて

岡山紀行2016夏 第29話「倉敷散策その4 【画像6枚】倉敷散策風景」

  岡山紀行4日目。この日は倉敷美観地区を散策

  • PAGE TOP ↑