岡山紀行2016夏 第16話「広島紀行その10 【画像9枚】 艦船模型Part4 高雄型重巡洋艦「愛宕」」

公開日: : 最終更新日:2017/04/25 CATEGORY:, | TAG:, , , , , ,

 

前回に引き続き、広島県呉市は「呉市海事歴史科学艦(大和ミュージアム)」2F「展示デッキ」にて観てきた艦船模型について。

☆参考:呉市海事歴史科学館(大和ミュージアム)

今回は、「当時プラモデルを製作中だった」という理由で各部を撮影しまくってきた、高雄型重巡洋艦2番艦「愛宕」の特集みたいなものをやってみようかと。

 

高雄型重巡洋艦「愛宕」

まずは前部、主砲3基と艦橋部分。僕が作っていたのは、1942年当時を再現したらしいもの。この模型とは、前部マスト周辺の装備が異なっている。これはたぶん、もうちょっと後の仕様じゃあないかと。にしても、高雄型重巡の艦橋って、「そそり立つ」感じがして重厚感あって個人的には好み。

 

ついで、艦中央部を横から。艦橋・前部マスト・煙突周りをよく見ておきたいと思って、これを撮ってみた。可能な限り空中線を張ってみたいと思っており、それがどんな塩梅なのかを確かめておきたかったんだ。まあ、こんなにたくさん張るのは無理だけどさw

 

中央部を斜め上から。ここで、甲板状にあるちっさい鉤状の部品が何だか理解した。単装機銃だ。何しろ1/700のプラモデルを相手にしているので、艦艇の装備に詳しいわけじゃあない僕にはよくわからなかったんだ。ここで大きな模型を見て、ようやくわかったよ。

 

艦橋周辺をアップで。艦橋上部の様子がどんな風なのか、僕の作っていた模型ではよくわからなかったのでその確認用。なるほど、こんな風通しの良さそうな艦橋上部だったんだ。にしても、すぐ背後に大きな煙突があるから暑そう・・・

 

続いて、煙突周りおよび艦載機&艦載艇の様子。両舷に発射台があり、その間のくぼんだようになっているところに艦載の舟艇が収納されている。これらもまた、艦載機同様クレーンで釣って引っ張り出すのかな?

 

後部マスト周辺。後部マスト上に旭日旗を掲げているけれど、僕が作っていたプラモのそれは最後尾に靡かせる感じになっている。どちらにしようか迷うな・・・たぶん、どちらにも意味があるんだよ。僕は詳しくないから知らないけどw

 

同じく後部マストから第4第5主砲にかけての船体後半部分。後半部分にも甲板上には単装機銃が散見される。確かエッチングパーツにあったので、余裕があればつけてみようとか思っていた。

 

そして艦尾部分。僕のはウォーターライン模型だから関係ないけれど、4軸プロペラのそばに、大変大きな舵がある。こんなに大きいものなんだ、と思ったね。いずれフルハルのプラモも作ってみる予定だけども、参考になるね。

 

てな感じで、自分のプラモデル作りの参考にと、「愛宕」に集中して撮影してみたというお話。艦艇に詳しくない分、収穫の多いものになった。

関連記事

記事はありませんでした

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

岡山紀行2016夏 第34話「【画像18枚】ANA ボーイング777-200(JA8967)」

  岡山紀行最終日。僕らは昼のフライトで、羽田

岡山紀行2016夏 第33話「帰路 岡山空港にて」

  岡山紀行最終日。4泊5日の行程も、この日で

岡山紀行2016夏 第32話「最終日の朝に食べたもの」

上の画像は、岡山の名物のひとつ「岡山備前銘菓 大手まんぢゅう」

岡山紀行2016夏 第31話「倉敷散策その6 倉敷駅北口方面散策」

  岡山紀行4日目。この日は倉敷を散策。今回は

岡山紀行2016夏 第30話「倉敷散策その5 倉敷食べ歩き&散策」

  岡山紀行4日目。僕らはこの日、倉敷を歩いて

  • PAGE TOP ↑