岡山紀行2016夏 第11話「広島紀行その5 【画像6枚】 艦船模型Part1」

公開日: : 最終更新日:2017/01/30 CATEGORY:, | TAG:, , , , , , ,

 

岡山紀行と称して広島でのお話を展開中。しばらく、「呉市海事歴史科学館(大和ミュージアム)」での出来事を画像中心に綴っていくことに。

☆参考:呉市海事歴史科学館(大和ミュージアム)

ここでは、戦艦「大和」以外にも数多くの艦船・航空機等の模型が展示されている。特に艦船は、ここ呉にあった「呉海軍工廠」出身の艦船ばかりだ。

普段からプラモデル作りを趣味としている僕としては、他の展示品よりも食いつきの良かった部分。

せっかくなので、撮ってきた模型の画像を全て並べておこうと思う。けど全部一挙だと多すぎるので、まずは代表的奈ものから。

なお冒頭の画像は、(呉海軍工廠建造ではないが)金剛型戦艦1番艦「金剛」のもの。これがあるのは、当施設にこの「金剛」の初期装備だったボイラーが展示されているからだと思うよ。まあ、そのボイラーの撮影は失敗したんだけどね・・・

 

 

上の画像2つは、大和型戦艦2番艦「武蔵」。「大和」に比べるとものすごく小さな扱いなのがよくわかる・・・まあ、場所が場所だし「武蔵」は呉出身じゃないし、しょうがないんだけどね・・・

先に紹介した1/10「大和」の脇にあるため、そのスケールの違いがよくわかる。特に1枚目の画像だと、「武蔵」が大変小さく見える。

 

こちらは長門型戦艦1番艦「長門」。姉妹艦「陸奥」と並んで、戦時までは国民的アイドル(?)と言っても差し支えないくらい人気だったらしい。

写真の撮り方が悪くて、艦の名前が入ったプレートが判別できなくて困った。僕はそんなに艦船に詳しいわけではないので、これが長門型なのか、そして「長門」なのか「陸奥」なのか。メモってもいなかったので判別するのに苦労したよ・・・

 

お次は航空母艦。僕の大好きな航空母艦「赤城」だ。これくらいならわかる。

この「赤城」のプラモを作ろうと思っているところなので、(塗装の関係で)これが呉海軍工廠出身なのは知っていた。だから、いるかな?と思ったらいたので嬉しいね。

 

最後は最上型重巡洋艦1番艦「最上」。カタチからして、航空巡洋艦に改装されたあとの姿のようだ。船体後部が後部マストより後ろ全て飛行甲板になっているから、たぶんそうだ。

まだ購入はしていないけど、この「最上(航空巡洋艦)」も是非プラモデルで再現してみたいと思っているよ。

 

というわけで、プラモデル目線で大いにはしゃいでいる次第。なお艦船模型はこのあとさらに登場するけれど、まあ感想は同じくプラモデル目線になってしまうのであった・・・

 

関連記事

記事はありませんでした

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

岡山紀行2016夏 第11話「広島紀行その5 【画像6枚】 艦船模型Part1」

  岡山紀行と称して広島でのお話を展開中。しば

岡山紀行2016夏 第10話「広島紀行その4 【画像6枚】1/10スケール・戦艦「大和」」

戦艦「大和」(大和ミュージアム)   岡山の旅2日目

岡山紀行2016夏 第9話「広島紀行その3 呉の風景&ランチタイム」

呉市海事歴史科学館(大和ミュージアム、2016年8月) &nbs

岡山紀行2016夏 第8話「広島紀行その2 初めての広島県へ~往路」

山陽自動車道福山SA(下り線)   岡山紀行2日

岡山紀行2016夏 第7話「広島紀行その1 大和ミュージアム行きを企図」

1/10スケール・戦艦「大和」(大和ミュージアム)  

→もっと見る

  • PAGE TOP ↑