岡山紀行2016夏 第7話「広島紀行その1 大和ミュージアム行きを企図」

resize0296

1/10スケール・戦艦「大和」(大和ミュージアム)

 

岡山紀行2日目。

この日は早くも岡山を離れ、広島県は呉にて過ごすことになる。それは、旅行出発前に起こった、ほんの思い付きの実現だった。

今回は、特に画像等なく思い出メモ的に呉行きが決まった経緯を記しておこうと思う。

 

憧れの呉へ

resize0359

呉の港風景

 

岡山へ発つ少し前・・・でもないや。確か5月ごろ、何となく思った。

どうせ岡山へ行くなら、足を伸ばして呉まで行くことができるんじゃないか

岡山へは主に嫁の帰省目的で行くのだし、特にこれといって縁のない僕はヒマすることが容易に想像できる。それなら、1日ガッツリ使って広島へ足を伸ばしてもいいんじゃないか、と。

嫁に相談すると、「行ってくればいいジャン」。ということで、あとは交通手段を検討すれば行ける状態になった。

目的地は、とにかく呉の港を見たいので「大和ミュージアム」とセットでそこは必須。ついでに、時間が許せば江田島に渡ったりできたらいいなあ・・・程度のもので、とにかく呉鎮守府気分に浸れたらそれでいいというのが主目的。

行くメンツは、僕独り・・・と思ったけど娘が行きたがるので(娘は何故かたまにメカものに興味を示すことがある)、娘と二人旅をしようかと。嫁はノンビリしてればいいし、息子は親戚の子どもらに遊んでもらうようだし。まあ、二人旅なら機動性には問題なし。

交通手段。これが迷った。何しろご当地の交通事情を全くしらないので、まずどうやったら岡山から呉へ行けるのかを知ることから始まった。

広島を知る人からアドバイスをもらった結果、やはり新幹線もしくは高速バス(新幹線が自由席ならば、あまり運賃に差はない)で広島へ行き、そこから呉線に乗って呉まで行くのが無難だということがわかった。なお、岡山駅から両備バスの高速バスが運行されていたので、高速バスの場合はそれを利用しようかというところまで考えていた。

嫁が言うには、「レンタカー借りて自分で運転して行ってくればいいジャン」。いや、それも少し考えたけれど山陽道を爆走して片道100km以上走って帰ってくる体力が不安だからやめた。

 

意外な方法で呉行きが実現

resize0289

海上自衛隊呉史料館前の風景

 

そして実際に岡山へやってきた。ここで、思いもしなかった方法で呉まで行くことになったのであった。

到着の際、迎えに来てくれた親戚らとその話になった。そして、みんなで一緒に出かけることになった。呉までは親戚がクルマに乗せていってくれるとのこと。つまり、僕の計画は大半が無意味になった一方で移動がかなり楽になったということだ。

大人数でのお出かけなので、自由はあまり利かないだろうな。まあ、「大和ミュージアム」と呉の軍港を眺めることができたらそれでいいや・・・くらいに思っていた。

ということで、次回からは(いや今回からか)「広島紀行」と銘打ってしばらく続けていこうかと思う。半日も呉にいなかったけれど、それなりに密度の濃い旅だったので、何回かに分けて書いていく。

 

 

 

 

関連記事

記事はありませんでした

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

岡山紀行2016@白桔梗.com 記事一覧

  岡山紀行2016@白桔梗.com 記事一覧

岡山紀行2016で紹介したサイト一覧

  当岡山紀行において、参照したサイトを一覧に

岡山紀行2016夏 第39話 《最終回》「岡山・広島での旅を終えて」

  こうして、僕の岡山および広島への旅は終わっ

岡山紀行2016夏 第38話「旅の終わりに羽田空港プチ散策」

  さて、岡山および広島での行程を終え、羽田空

岡山紀行2016夏 第37話「【画像15枚】羽田空港滑走路一周」

  岡山での旅を終え、羽田空港へ戻ってきた。

  • PAGE TOP ↑