岡山紀行2016夏 第4話「【画像23枚】機内からの風景&岡山空港着陸」

resize0292

今回フライトの機材・ANAボーイング787-8(JA825A)

 

久々の国内フライト。久々のANA。そして、初めてのドリームライナー(ボーイング787-8)搭乗。青空のもと、僕は空の上の人となった。そのまま星になってもいいと思うくらい、嬉しいことだ。

さて今回は、羽田~岡山間における空の様子から岡山空港着陸までを、画像を中心にまとめていこうと思う。テンションが上がってしまい、空の写真を撮っている余裕がなかったのが残念だ。

 

往路の空

resize0236

離陸したドリームライナーは、グングン高度を上げていく。

上の画像、一面東京湾だけどもキレイに映っている。普段汚い海しか目にしない東京湾も、沖合いはそうでもないのかな。

朝日も相俟って、とてもキレイだ。

 

resize0237

右に旋回したところで、先ほど飛び立った羽田空港D滑走路が見える。

思えば、こんなところからD滑走路を見下ろしたのは初めてかもしれない。何しろ僕は、羽田からのフライトはこれでもまだ人生で2回目だからだ・・・

 

resize0238

さらに高度を上げて、雲の中を突っ切ってゆく。

この、雲の中というのはとても好きだ。できれば自分で操縦して飛んでみたいものだね。

 

resize0239

そして雲に映ったドリームライナーの影に日輪が。

画像では虹のようになっているけれど、気付いた当初は日輪そのものだったんだ。まさかこんなものが見られるなんて思っていなかったからね。

 

resize0240

雲の上から羽田空港を臨む。

これで、高度的にはどのくらいの高さなんだろう?僕にはよくわからないや。

 

resize0241

それでもまだまだ上昇していく。

それにしても、この日は曇⇒雨予報だったのがウソみたい。ご覧の通り、機体下方に見える雲もわずか。本当によく晴れている。

 

resize0242

雲の上から羽田空港をもういっちょう。

頑張れば、遠くにお台場や東京ディズニーリゾートを臨むこともできる。まあ、別に珍しいものでもないけれど。

 

resize0243

さらに地上の風景がどんどん小さくなっていく。

これは方向的に、北西方面に飛行しているのかな?そんな感じに思えた。

 

resize0244

多分東京や山梨あたりの山々だと思われる。

どれが何の山だなんて、もちろんわからない。ちなみに富士山を探そうと思ってずっと見ていたんだけど、多分富士山が見える位置は飛んでいなかったと思われる。

僕は進行方向に対して右端に座っていた。なので、反対の左端に乗っていたら、或いは富士山を確認できたのかもしれない。一度は空の上から富士山を見てみたいなあ。

 

resize0245

長野とか岐阜とか、そのあたりなのかなあ。標高の高そうな山の峰が続いている。

なお愛知を過ぎたあたりから、この旅客機は降下に入るらしい。フライト時間にして30分くらいのところ。随分早く降下に移るんだな、と思った。

 

resize0246

ここで、機内サービス。僕はもちろんアイスコーヒーをいただいた。

いや、美味しいコーヒーを飲みながら空を見るなんて、何年振りだろう。最後のフライトがサイパンだから、約2年ぶりか。また行きたいなあ、サイパン。

 

resize0247

これは何だ?もう海か??と思ったら、琵琶湖でしたw

過去に2度琵琶湖に行ったことがあるけれど、こうして見るとやっぱり海のようだ。

琵琶湖は地上から見ても壮大だけども、空から見下ろしてもその壮大さがよくわかる。一度、「明智左馬助の湖水渡り」をやってみたいものだ。

 

 

岡山空港へ着陸までの風景

resize0248

さて、ここからは岡山上空~着陸のお話。

上の画像は、岡山県備前市上空。気がついたら、いつの間にか岡山県に入っていた。

 

resize0249

さあいよいよ、着陸に向けて降下と減速に入ったらしい。スポイラー(でいいんだっけ?)が開いたり閉じたり。せわしなく動き出した。

 

resize0250

岡山空港の滑走路。下では、JAL機が動いている。

やあ、岡山久しぶり!

 

resize0251

着陸。この着陸時の衝撃というのは、僕は結構好きだったりする。

見た感じ、何とも長閑な風景をした空港だなあ。ともあれ、無事岡山に降りたわけだ。

 

resize0252

ターミナルの建物が見えた。思ったより、大きな建物だ。

僕は過去に1度だけここに来たことがあるはずだけども、もう13年も前の話なので覚えていない。

 

resize0253

フラップ全開!

これは、そのうちプラモで再現するための資料になりそうだ。そういう意味では、今回いい位置に座ったもんだ。動翼の構造がよく見える。
resize0254

グルッと1周回ってきたところ。

それにしても、本当に何もない風景だな。まあ、山の中腹にある空港なのでしょうがないか。

 

resize0255

到着~

ここまでのフライト時間、1時間25分だったと記憶している。なんでも、コース変更があったらしい。理由は知らないけど、迂回する破目になったんだ。

なので定刻8時40分着のところ、この時点で8時54分。およそ9時前か。早いなあ。

 

resize0256

ボーディングブリッジの小窓から、ドリームライナーのコクピットを覗いてみた。

コクピット周りをこんなに近くで見たのは、いつかのYS11以来だ。カッコいいなあ。

 

resize0257

ターミナルからのドリームライナー。お疲れさん。いい体験させてもらったよ。

確かこの機体は、その足で羽田に戻るんじゃなかったっけ。

ともあれ、岡山に降り立った。
resize0258

荷物受け取りのベルトコンベアに、桃太郎が…

いや、カワイイけど何か邪魔…

 

こうして、僕の初ドリームライナーの旅は終わった。

ここまで2記事を使って往路の画像を並べてみたけれど、人物が映っているもの以外は全てUPしてみた。どんだけテンション上がってんだ、という感じだねw

さあ、ここからが岡山紀行の本番。早速市内観光となるのであった。

 

関連記事

記事はありませんでした

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

岡山紀行2016@白桔梗.com 記事一覧

  岡山紀行2016@白桔梗.com 記事一覧

岡山紀行2016で紹介したサイト一覧

  当岡山紀行において、参照したサイトを一覧に

岡山紀行2016夏 第39話 《最終回》「岡山・広島での旅を終えて」

  こうして、僕の岡山および広島への旅は終わっ

岡山紀行2016夏 第38話「旅の終わりに羽田空港プチ散策」

  さて、岡山および広島での行程を終え、羽田空

岡山紀行2016夏 第37話「【画像15枚】羽田空港滑走路一周」

  岡山での旅を終え、羽田空港へ戻ってきた。

  • PAGE TOP ↑