岡山紀行2016夏 第2話「憧れのドリームライナーに搭乗!」

resize0213

羽田空港第2ターミナル(2016.7.31)

 

羽田空港から空路岡山へ。

今回は、タイトルにあるとおり僕が初めてドリームライナー(ボーイング787-8)に乗ることができたというお話。

 

運よくドリームライナーに当たるッ!

resize0292

ANA ボーイング787-8ドリームライナー(JA825A、2015.8.29)

 

僕はこの、ドリームライナーにずっと乗りたかった。しかし、そもそも飛行機に乗る機会というものがそうそうない環境なので、未だ実現できないでいた。

今回、2年ぶりに飛行機に乗ってのお出かけ。ここで僕は、ドリームライナー狙いに出た。幸いフライト予定日の岡山行き朝イチに、機材ドリームライナーの便があった。次の便(機材はB767)よりちょっとお値段したけれど、僕は迷わず朝イチの便を選んだ。

当初嫁が予約を取ったんだけども、それは朝イチの便ではなかった。なので、とにかく「ANA」「ドリームライナー」を連呼して予約を変更させたのであった。かくして、当日機材変更等ない限りは僕のドリームライナー搭乗はほぼ決まったのであった。いや、運が良かった。

今回搭乗する機材は、上の画像にあるJA825A。2014年デビューらしい比較的新しい機体である。なおANAを選択したのは、単純に久しく乗っていなかったから。ちなみに毎年嫁子どもは、岡山行きにJALで行っていた。

 

ドリームライナー搭乗前の様子

resize0215

 

空港に到着したのは5時半。空港各施設がオープンする時間だ。

普段ならまだお店もロクにやっていないし人も少ない。だけどこの日は、夏休み初っ端の週末だからか、非常に混雑していた。そして、お店もボチボチ開いており、早速僕の食べ歩きが始まった。

ちなみに上の画像は、第2ターミナル5Fから見た朝の風景。展望デッキは6時半にならないと開けてくれないので、しょうがなく屋内から撮影。それにしても、ライジングサンが眩しかったなあ。

 

resize0513

で、食べ歩きのうちのひとつがこれ。画像は、「さぬき菓匠 かねすえ」の苺大福。このでっかいイチゴが気になって、お店の前を2回往復した末に購入、味わった。ちなみに中身はイチゴ餡。美味しいのなんのって。

☆参考:松風庵 かねすえ 【kanesue Online Shop】 / いちご大福

 

resize0512

何気にチェックインそのものがすぐに終わってしまったので、時間にかなり余裕が出来た。全てタッチパネル入力で、荷物の預けまでそこで終わってしまったのだ。

なので、スイーツを食べたり足りないものを買い足したり。そして、岡山の親戚へ持っていく手土産もここで買っていくことにした。

上の画像は、かの有名な「東京ばな奈」のハート仕様というべき「東京ばな奈 メープルバナナ味」。結局普通のゴーフレットを買っていったんだけど、これにすればよかったのに…なお「東京ばな奈」の製造工場は埼玉県所沢市。

☆参考:東京ばな奈ワールド

その後コンビニなどで多少買い物をし、いい時間になったので搭乗ゲートに向かうことに。手荷物検査ではいつもドキドキするけれど、うっかりベルトのバックルが引っかかった以外は特に問題なし。どうもグアム旅行時のグダグダがトラウマチックで…

☆参考:グアム旅行記 第7話「手荷物検査に手間取りピンチ!」

 

僕らの搭乗ゲートは61番。第2ターミナルど真ん中のところにある。

ここでちょっと時間が空いたので、僕らの乗るであろう機材を窓越しに撮影してみた。窓越しなので、反射映り込み多々ありなのはご勘弁。

 

resize0217

ノーズギア部分。機体記号を示す「825」が確認できる。これが、僕らの乗るドリームライナーの足である。

 

resize0218

ドリームライナーのノーズ部分。ボーディングブリッジからもっと近くで見ることができるんだけど、コクピットグラスが4枚なのが大きな特徴。

 

resize0219

 

resize0220

ちょっと引いて、全体を撮ってみた。思ったよりも見える部分が少なかったのが残念だけども、何しろこれから乗るというのでウッキウキ。もう、見ているだけでも幸せだったなあ。

やっぱりドリームライナーは美しい。そのうちプラモデルでも作ろうっと。

 

resize0221

時間になったので、いよいよドリームライナーへ乗り込む。

これだけノリノリで書いていて何だけども、乗ってしまえばまああまり他の旅客機とそう大きな違いはない。なので、正直特別な感想はないわけだけども・・・ドリームライナーに乗っていることじたいが大切なので、問題ない。

 

resize0222

座席位置は32列め。僕は窓際。画像のように、主翼のちょっと後ろの位置。空を眺めるには、まあいいポジションなんじゃないかな。

ここからだと、エルロンやスポイラーの動作がよく見える。機械的なことは全然わからないけれど、単純に動くのを見ているのが楽しいのだ。

 

さあ、こうして念願のドリームライナーに乗り込むことができた。次は往路の様子を風景写真中心に書けたらと。

 

 

関連記事

記事はありませんでした

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

岡山紀行2016@白桔梗.com 記事一覧

  岡山紀行2016@白桔梗.com 記事一覧

岡山紀行2016で紹介したサイト一覧

  当岡山紀行において、参照したサイトを一覧に

岡山紀行2016夏 第39話 《最終回》「岡山・広島での旅を終えて」

  こうして、僕の岡山および広島への旅は終わっ

岡山紀行2016夏 第38話「旅の終わりに羽田空港プチ散策」

  さて、岡山および広島での行程を終え、羽田空

岡山紀行2016夏 第37話「【画像15枚】羽田空港滑走路一周」

  岡山での旅を終え、羽田空港へ戻ってきた。

  • PAGE TOP ↑