岡山紀行2016夏 第1話「羽田空港 駐車場確保苦労話」

resize0212

羽田空港第2ターミナルの旅客機たち

 

今回の旅は、羽田から空路岡山へと飛ぶ往路となる。というわけで、まずは羽田空港から僕らの旅が始まる。

羽田から岡山へは、1時間ちょっとという短いフライト。それでも僕は、単純に飛行機に乗れる嬉しさから興奮していた。

そのうち書くけれども、僕のある企みによってフライトは朝早い便となった。ANA651便、定刻7時25分羽田発の空の旅だ。

企みもそうだけども、羽田にクルマを数日停めておくために、駐車場に対して事前の対策が必要だった。朝早い便にしたのはそのためでもある。

 

夏休み×週末の羽田空港駐車場確保作戦

resize0214

早朝の羽田空港ターミナル。まだクルマはそんなにいない。

 

出発のこの日は、7月31日(日)。夏休みシーズン真っ只中だ。

夏休みシーズン中で、尚且つ週末。羽田空港の駐車場は非常に確保しにくい状況となる。何も対策せずにノコノコとクルマで出かけた日には、まず長時間並ぶ破目になるだろう。

遊びに来ただけなら、待てばいい。けれど、フライトがあるならそうもいかない。クルマで行く以上、何が何でも駐車場を確保しなければならなかったのだ。

僕が使ったことのある手は、ふたつ。それをメモしておこう。

 

事前予約をする

羽田空港には、P1~P4まで4つの駐車場がある。そのうちP1を除く3箇所では、事前予約ができる。予約を取ってしまえば、もう悩む必要はない。

この予約について、僕が別に営む航空機ブログでまとめたことがある。参考までにリンクを載せておこうか。

☆参考:羽田空港国内線 駐車場予約方法注意点等メモ

上記リンク先のエントリに、P2~P4各々駐車場予約詳細を書いてある。調べながらまとめたものなので、多分参考になると思う。

ただしこの予約スペースがそんなに数がなく、予約もまたこのハイシーズンにはなかなかむつかしい。僕は今回予約を取ったけれども、結構神経を尖らせた結果の成果だった。

 

前夜から直接乗り込む

予約でしくじった場合、前夜から乗り込むという手を考えていた。これはいつか、嫁子どもを迎えに来た時に使った手だ。空港駐車場は、どれも24H営業。空いてさえいれば、いつでも停められるのだ。

昨2015年8月29日(土)。僕は前夜から行動を開始した。まだ暗いうちから出発し、空港施設の開く5時30分を目指して向かった。

5時の時点で、駐車場はどこもガラガラ。夏休み後半というのを差っぴいても、これはさすがに楽勝。なお全ての駐車場にて1日何時間停めても1500円上限なので、時間に余裕があれば0時に来て、クルマで寝ていればいい。

ちなみにその時は、午前9時を待たずに各駐車場満車となった。時期的に、僕と同じく帰ってくる家族を迎えに来る人たちが多かったのかな。夕刻手前くらいの時間帯まで、行列がなくなることはなかった。

 

今回は予約が上手くいったので、余裕を持って出かけることができた。冒頭の画像は、今回停めたP3駐車場から撮ったもの。本当に到着直後、5時20分くらいのものだ。

 

resize0213

ANAボーイング777-300(JA751A)。長いなあ。

 

こうして無事羽田空港へとやってきた。クルマでやってくる僕からしたら、ここが大きな勝負どころだったんだ。いやマジで。

次回は、久々の国内線フライトまでの様子でも書こうかと思う。

 

 

関連記事

記事はありませんでした

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

岡山紀行2016@白桔梗.com 記事一覧

  岡山紀行2016@白桔梗.com 記事一覧

岡山紀行2016で紹介したサイト一覧

  当岡山紀行において、参照したサイトを一覧に

岡山紀行2016夏 第39話 《最終回》「岡山・広島での旅を終えて」

  こうして、僕の岡山および広島への旅は終わっ

岡山紀行2016夏 第38話「旅の終わりに羽田空港プチ散策」

  さて、岡山および広島での行程を終え、羽田空

岡山紀行2016夏 第37話「【画像15枚】羽田空港滑走路一周」

  岡山での旅を終え、羽田空港へ戻ってきた。

  • PAGE TOP ↑