伊香保旅行記2009 第4話「上信越道&関越道 移動中のひととき」

ICE COFFEE

夏の午後。冷たいアイスコーヒーが喉越し爽快です。

 

群馬サファリパークで時間を過ごしたあと、僕らは今回の本題である伊香保温泉に向かった。
ここで移動中のひとときのお話。

 

PAで淹れたてアイスコーヒーを飲む

群馬サファリパークから伊香保温泉へは、高速道路を利用して移動した。

上信越道富岡インターから乗り、途中関越道に乗り換えて渋川伊香保で降りるというコース。県内の移動というこもあって、時間はそれほどかからなかったと思う。

途中、どこか忘れたけれどPA(パーキングエリア)に立ち寄った。そんな広くもない、ちょっとした休憩所の規模の場所だった。トイレおよび飲み物を調達しようと思ったのだ。

売店か自販機で飲み物を買おうと思ったところ、屋外にテントを出してそこで淹れたてコーヒーを販売しているのに出くわした。淹れたての熱々コーヒーを、氷たっぷりのカップに注いでアイスコーヒーの出来上がり。これは見ただけで、とても美味しそうに思えた。

僕はもう居ても立ってもいられず、すぐさま購入した。それが冒頭の画像のものだ。これが、とても美味しく喉越し爽快だった。どんより曇ってはいたけれど、何しろ8月なのでそれ相応に暑い。むしろ、曇っているせいでかなり蒸し暑い日だった。それがこのコーヒーを、より美味しいモノにしたのは言うまでもない。

冷たく美味しいコーヒーを堪能した僕らは、再びクルマに乗って伊香保を目指すことにした。

 

なお、伊香保入りしてからの予定

渋川伊香保インターを降りてからは、伊香保温泉までほぼ一直線。まだ午後2時くらいの時間帯で、このまま宿に行くのも勿体ない。また、せっかく嫁の両親を招待したのだから、伊香保ならではの場所を案内しないでどうするんだ。

ということから、伊香保温泉といえば石段および周辺の施設。僕らは迷わず、石段を歩いて伊香保観光を堪能することにした。

嫁とは結婚前に2回、結婚してからも数回伊香保には来ている。なので、主だった場所はだいたいわかる。特に僕は、小学生の頃から一時期は毎年のように通った場所だ。特に大きく変わることもないし、自信満々で案内する気であった。嫁と旅行しようと言って僕が真っ先に伊香保を挙げたくらいだから、それなりに好きなんだろうとは思う。

伊香保観光については、次回また書きます。

 

関連記事

記事はありませんでした

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

伊香保旅行記@白桔梗.com 記事一覧

    伊香保旅行記@白桔梗.co

伊香保旅行記で紹介したサイト等一覧

  当伊香保旅行記において、参照または紹介した

伊香保旅行記2009 第15話≪最終回≫ 「濃密な1泊2日の伊香保旅行」

    前回までで、今回の伊香

伊香保旅行記2009 第14話 「『伊香保システィーナ美術館』にて」

「伊香保システィーナ美術館」館内入口付近(2009年) &nbs

伊香保旅行記2009 第13話 「嗚呼、懐かしの『伊香保システィーナ美術館』」

館内・システィーナ礼拝堂を再現したもの(2009年)  

  • PAGE TOP ↑