伊香保旅行記2009 第3話「群馬サファリパーク・その2 パークの動物たち」

群馬サファリパーク

群馬サファリパーク(2009年)

 

伊香保旅行における、群馬サファリパーク編・後半です。

☆参考:「群馬サファリパーク・その1 遊園地などで遊ぶ」

前半は、サファリパーク周辺施設でのことを書きました。今回は、本丸たるサファリパーク本体でのことを書いていきます。

☆参考:野生の王国 群馬サファリパーク

 

いざ、サファリパークへ

サファリパークといったら、まぢかで生で動物たちを観ることに尽きる。ということは、最も動物たちに接近できる方法で行くのが効果的。なので、ここ群馬サファリパークにおける「レインジャーツアー」に参加することにした。

☆参考:レインジャーツアー詳細

公式サイトを見れば概要は載っているけれど、これは専用のクルマに乗っかって園内を周遊するもの。道でないところにもガンガン入っていき、中で暮らす動物たちの本当に目の前にまで接近できるという迫力ある観覧が楽しめる。運転するのは飼育の方なので、随時説明もタイムリーに入る。なので、何だかよくわからないうちに終わった・・・ということはないはず。迷わずこれに参加した。

エントランスをくぐれば、もうすぐそこにクルマは居た。僕らは家族総員6人だったせいか、他に乗客はいなかった。なおホームページによれば、人数が少ない場合は乗合になるそうだ。別にどうでもいいことだけど。

ここからしばし、クルマはゆっくり園内を巡る。色んな動物たちの普通に暮らしている姿そのままを拝めるのであった。

 

園内で出会った動物たち

レインジャーツアーでは、周遊路でない場所にもどんどん入っていく。そしていちいち止まり、しばらく動物たちを眺めたり説明が入ったりする。何も予備知識がなくても、充分に楽しめるツアーとなるだろうと思う。実際そうだったし。

ここでは、撮影できた動物たちの画像を並べておこうと思う。ついでに、園内で印象に残ったことをメモしていく。

 

シマウマ

 

Image147

 

確か最初の方にシマウマの群れがいた気がする。まあ別に取り立てて珍しいものではないけれど、ドアップが撮れたので載せておこう。

 

Image149

 

個人的に「おッ!」と思ったのが、ホワイトタイガー。このほかユキヒョウもいたようだけど、記憶にない。なおこの辺りは、クルマから降りてブラブラ歩ける「ウォーキングサファリ」ゾーン。オオカミなんかもいたと思うけれど、どうやら撮影し損ねたようだ。

ちなみに、このエリア散策中に嫁の父上がちょっと具合が悪くなってしまった。なので、みんなで甘いものを摂取してひと休憩。

ついでに、ヤギおよび隣りのラマに餌(長い草だった)をあげることができる。奴らはとっても食いっ気があり、下手すると手までパクリとやられるんじゃないかという勢いだった。大勢の人が餌やりしているのに、何たる食欲だ。たまたま、そういう時間だったのかもしれない。

 

鹿

 

鹿の群れにもであった。でもまあ、特に珍しくもない。

それより、ウッカリ撮影し損ねたけれど、ライオンのエリアが面白かったのを覚えている。

オスライオンがメスを侍らせていたんだけれど、退屈していたのかムラムラしたのか盛んにメスに交尾を迫るシーンがあった。しかし、数頭いたメス全てに無碍にされ、渋々寝転がるオス。頑張ってのしかかった腰を振っていたのだが、全員に相手にされないという何とも悲しい結末を一部始終見ることになった。これは面白かった。

 

バイソン

 

ライオンのあとはトラやラクダのすぐ近くを掠めながら行き、アメリカゾーンへ。ここではこのアメリカバイソンしか撮影していないけれど、地味な動物が多くてあまり印象に残っていない。バッファローとかいたような気がするけれど。モッサリした動物ばかりだった。

 

Image152

 

トラって、水が嫌いなんじゃなかったかな?ともかく、こうして水に浸かっている姿があるので、絶対にダメということでもないんだろうと思った。これもまた、その辺の動物園のトラではちょっと見られないと思う光景だったのが印象的。

 

出会った動物の半分も撮影していないけれど、珍しいものもあってよかったと思う。実際、歩ける場所以外は動物たちに夢中で撮影どころじゃなかったなあ。おかげで、1時間くらいの時間があっという間に過ぎていった。

関連記事

記事はありませんでした

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

伊香保旅行記@白桔梗.com 記事一覧

    伊香保旅行記@白桔梗.co

伊香保旅行記で紹介したサイト等一覧

  当伊香保旅行記において、参照または紹介した

伊香保旅行記2009 第15話≪最終回≫ 「濃密な1泊2日の伊香保旅行」

    前回までで、今回の伊香

伊香保旅行記2009 第14話 「『伊香保システィーナ美術館』にて」

「伊香保システィーナ美術館」館内入口付近(2009年) &nbs

伊香保旅行記2009 第13話 「嗚呼、懐かしの『伊香保システィーナ美術館』」

館内・システィーナ礼拝堂を再現したもの(2009年)  

  • PAGE TOP ↑