グアム旅行記 第58話「グアムへまた行きたいと思ったこと」

グアムの午後

 

グアム旅行からの帰り道。
飛行機の座席で僕は思いにふけっていました。

 

実は離島への渡航は人生まだ二度目だった

僕としては海外旅行は人生まだ二度目でした。初めての海外旅行は新婚旅行でして。アメリカ本土はフロリダやニューヨークなど、同じ米国領といえども全く違う場所でした。

また、離島への渡航も、これが人生二度目です。初めての離島経験は日本国内、佐渡島です。今回、沖縄にすら行ったことがない僕が、色々飛び越えてグアムに行ってしまいました。

グアムは半分独立国のような雰囲気があります。実際自治領ではありますが。そこが国内の離島との大きな差と感じました。二度目の海外、二度目の離島。今までにないタイプの旅行となったわけでして、思った以上に世界観が変わりました。

こんな事情でしたから、出発前から僕は「グアムに行ったら世界観が変わる」とブツブツ繰り返し言っていました。それは、上述のように僕にとって今までにない、そんなタイプの旅行となるのは間違いないことでした。なので僕の中に新しい世界観が登場するのは、何となくわかっていたからです。

 

かつてそこは日本だった(グアムは違うけど)~日本人のDNAを感じたい

思えば僕にとってグアムはおかしな場所でした。
米国領という癖に色んな国の人が混在しているし、場所的に気候はまるで南国ですし。そのくせ時差は日本と殆どないわけでして、さらにやたら日本語が溢れていました。やはり今までにない世界に飛び込んだ気分です。

今回行ってはいませんが気になっているところでは、同じマリアナ圏内のサイパンやテニアン、ロタあたり。離れて、チュークやパラオなど。そこには、グアムよりももっともっと日本人のDNAがあちこちに残っているとのこと。グアムでこれだけ日本を感じられるのですから、サイパンなどに行けばもっと何かを感じるのかもしれないと思いました。

 

グアムへは、できれば何度も行きたいものです。一度旅してすっかり取りつかれてしまいました。それに一度では全部遊びきれませんでしたし。
そして、近隣の島々にも訪問して、観光を楽しむと共に日本の歴史の一部を見て触れて感じ、この辺りで戦った英霊たちに手を合わせたいです。
初めて訪れた割にやけに感じる懐かしさのようなもの。
たぶん気のせいではないと思います。

関連記事

記事はありませんでした

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

グアム旅行記@白桔梗.com 記事一覧

  グアム旅行記@白桔梗.com 記事一覧

グアム旅行記で紹介したサイト一覧

    当グアム旅行記において、参照したサイトを一

グアム旅行記 第61話《最終回》「はじめてのグアム家族旅行感想」

COCOS島での海の中   2012年7月に開催され

グアム旅行記 第60話「I-94W出入国カードが手元に残ってる!どうすればいいの?」

  米国領での旅行にありがちなことらしい、I-

グアム旅行記 第59話「グアム旅行の終わり 帰国」

  3泊4日の行程でのグアム旅行もとうとうおし

  • PAGE TOP ↑