グアム旅行記 第51話「もしもグアムに居住するとしたら」

グアムの海と空

 

グアム旅行最終日。

僕はGUAM REEF HOTELにて残り少ない滞在時間をまったり過ごしていました。
そのときにちょっと思ったことがあるので、こぼれ話を。

 

何となくグアムに住むイメージをしてみた。

グアム滞在最終日の午前中。
外はどんより曇り気味で少し涼しく、外に出て遊ぶような感じでもありませんでした。それほど時間もないし何よりプールで遊ぶ子どもらを放ってはおけない状況の僕でしたので、ホテルのロビーでゆったりと新聞を読んだりおやつをつまんだり朝からまったり過ごしていました。

前の記事で取り上げたグアム新聞など現地の情報に触れるにつれて、何となくではありますが「もし、この地に住むことになったとしたらいったいどんな感じなのかな・・・」と思いを巡らしていたりもしました。

個人的なイメージではありますが、日本ほど面倒なしがらみが少なそうです。まあ、あくまでも印象だけですので本当のところは知りませんけども。
色んな人種が入り混じっているからかな?
そして、英語に堪能なら仕事には困ることはなさそうです。
何故なら、特に日本語&英語のバイリンガルは需要がなくなることはないだろう、と現地で働く(おそらく)日系人の人に聞きました。

現地での普通の生活風景については、初日に訪れたグアム PREMIUM OUTLETで
偶然見て接する機会がありました。その他は殆ど観光という別世界にいましたが、あそこでは現地の人の日常が他よりも見ることができたのは参考になりました。

 

以上のようなことを、つらつらと空想したりして過ごしました。
最終的にはグアムだけでなく色んな島を渡り歩き、終に住処としてどこかに移住したいとさえ思うようになりました。
決して日本が嫌いなわけではありません。平和ですし治安も安心できるレベルですし。ですが不要なしがらみが多いように僕個人的にはそう思うのです。

もう何回かグアムを訪れて、一般人としてもっと色んなところ、色んな生活シーンなどを見てみるのもいいかな、と。ただ、土地は価格が高い印象ですが。

 

空想にも飽きてきたころ、ちょっとお買い物を思い出しました。
出歩くわけにはいきませんでしたが、ちょうどホテル内の売店で用が足りるそんな用事でしたので席を立ってお店へ。
そこで必要なものを多少買い、しかし用がすぐに済んでしまったので再びロビーに戻り時間を過ごす。その繰り返しで時間を過ごしました。
ある意味非常に贅沢な瞬間ですね。

関連記事

記事はありませんでした

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

グアム旅行記@白桔梗.com 記事一覧

  グアム旅行記@白桔梗.com 記事一覧

グアム旅行記で紹介したサイト一覧

    当グアム旅行記において、参照したサイトを一

グアム旅行記 第61話《最終回》「はじめてのグアム家族旅行感想」

COCOS島での海の中   2012年7月に開催され

グアム旅行記 第60話「I-94W出入国カードが手元に残ってる!どうすればいいの?」

  米国領での旅行にありがちなことらしい、I-

グアム旅行記 第59話「グアム旅行の終わり 帰国」

  3泊4日の行程でのグアム旅行もとうとうおし

  • PAGE TOP ↑