グアム旅行記 第44話「バスでの移動中にアクシデント発生」

バスと運ちゃん

 

グアム旅行3日目のメインイベントでありますCOCOSリゾートでの時間を満喫した後、僕たちはBBQディナーを楽しむことにしました。

今回は移動中およびホテルに到着してからのアクシデント話を中心に書いておこうかと思います。

 

ディナーのためにFIESTA RESORT GUAMに向かうことに

この日のディナーは、FIESTA RESORT GUAMにてBBQ&ダンスショーに参加の予定。COCOS島を出発した僕らは、バスにてその足で直接会場たるFIESTAに向かうことになっていました。

☆参考:FIESTA RESORT GUAM

 

グアムでのディナー付きナイトツアーには、BBQイベントが非常に多くの場所で用意されています。どれも魅力的で結構迷いましたが、結局僕たちの宿泊するREEF HOTELから割と近場にありますFIESTA RESORT GUAMで開催されるビーチサイドBBQを選択しました。

グアムに限らず、こうした南洋のリゾートではよくありがちなディナーです。そう言ってしまうと面白くも何ともないのですが、サンセットのビーチサイドでBBQに舌鼓を打ち、お腹を満たしたあとはポリネシアンダンスに興じる。これ以上に南国を満喫できるものがあるでしょうか。来たら一回は参加したいディナーのひとつです。

また、グアム初日がホテルのビュッフェ、2日目が海底レストランとどちらもレストランでのディナーでした。なので3日目くらいは屋外でワイルドに食べるのも悪くないかな、と思っていました。

 

移動中に発生したアクシデントとは

上述のとおり、COCOSからのツアーの延長というかたちで、僕たちはそのままFIESTAに行く予定でした。

COCOS島からメリッソ桟橋に戻りまして、そこで午前中に降りた場所からまたバスに乗ります。往路と同じく、しかし逆の順番にて各々滞在ホテルまで送ってくれるルートです。僕らはその途中でFIESTAで降りる予定となっていました。

その中で直接FIESTAへBBQに行くのは、どうやら僕たち一行だけだったみたいでした。
順番からしてSHERATONやHILTON、ONWARDなどホテルロードを順々にまわっていきまして、途中でFIIESTAを通りましたが何故かバスは通り過ぎてしまいます

一瞬「アレ?」と思いましたが、「まあ最後に折り返してくれるだろう」などと思って特にそれ以上気にするでもなく、そのまま乗っていました。
バスはそのまま走り続け、PLAZAやOUTRIGGER、そしてREEFと通り、最後のNIKKO グアムで僕たち以外の最後のツアー客が降りていきました。

そこで明らかに変だと思いましたので、ドライバーのおっちゃんに尋ねました。
するとどうやら、忘れていただけの模様。しかしすぐに、そのまま折り返してFIESTAまで送り届けてくれました。

幸い時間に余裕があったのでその後の展開に支障はありませんでしたが、ちょっとヒヤッとした一幕でした。

 

屈辱のハーゲンダッツ

FIESTA RESORT GUAMは、OUTRIGGERほどではありませんがREEFなどに比べると格段に立派な造りで高級感の感じられる雰囲気でした。

物珍しさもあって、時間がちょっと空いたのでロビーから近辺をウロウロしてみました。やっぱり初めて訪れるホテルは、自分が宿泊しないでも何かと興味が湧くものです。今後の参考になるかもしれませんし、ホテル探索は実に楽しいです。

そこで目に付いたのが、正面玄関左手には、ハーゲンダッツのお店。どうやら単純にアイスを売っているだけでなく、お店の中で食べられる模様。

夕刻でありちょっと小腹の空いた僕は、バスから見えたお店にもう興奮です。まだ時間もあったことですしちょっとくらいと思いお店に入ろうとしました。
しかし嫁にきつく制止されました。「これからBBQを堪能するのにダッツでお腹を満たしてどうするんだ」とのこと。
言われてみればその通りですので、泣く泣く諦めることにしました。

とても後ろ髪を引かれる思いでしたが、この思いは後ほど別の形にて果たされることになります。まあ、それはまた別のお話。

 

またまたアクシデント発生!

その前に、バスを降りたときにとんでもないことが発覚しました。
バスでずっと移動中寝ていた娘が、こともあろうにお漏らしをしてしまいました。

バスのシートはともかくとして、来ていたワンピースがビショビショです。
このままBBQに行くわけにもいかず、かと言って着替えは持っておらず、どうしようかと頭を抱えました。

そして未練がましくダッツのお店を見ていたら、そのさらに奥に、ちょっとしたショップを発見。ホテルの本当に端っこにちょこんと存在する小ぢんまりとした売店でした。どうやらお土産や雑貨など、色々売っているようです。
周囲のすぐ行けそうな範囲にはお店はなく、ここで着替えを物色することにしました。

ところが残念ながら小学生向けの大きさの服はなく、仕方ないので大人用のトロピカルなワンピを買いました。そしてそれをちょっと加工して着られる状態に。
REEFの売店DISCOVERくらい大きければ、もうちょっとよかったのですが・・・これに関しては、REEFの勝ちですね。

 

ともかくこれで事なきを得た僕たちは、ロビーでウロウロしてみたり、窓から見えるプール、その奥のビーチそれも時刻的にサンセット(方向の問題で夕陽は見えませんが)といういい具合の景色を堪能しました。

 

ちょっとしたトラブルというかアクシデントはありましたが、別に被害をこうむる種類のものでなくむしろ思わぬ体験をしたということで、こうして話のネタになった良かったです。

 

 

さあ次回はBBQの詳細について
綴っていきたいと思います。

関連記事

記事はありませんでした

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

グアム旅行記@白桔梗.com 記事一覧

  グアム旅行記@白桔梗.com 記事一覧

グアム旅行記で紹介したサイト一覧

    当グアム旅行記において、参照したサイトを一

グアム旅行記 第61話《最終回》「はじめてのグアム家族旅行感想」

COCOS島での海の中   2012年7月に開催され

グアム旅行記 第60話「I-94W出入国カードが手元に残ってる!どうすればいいの?」

  米国領での旅行にありがちなことらしい、I-

グアム旅行記 第59話「グアム旅行の終わり 帰国」

  3泊4日の行程でのグアム旅行もとうとうおし

  • PAGE TOP ↑