グアム旅行記 第38話「COCOS島でのランチタイム」

バイキング

 

COCOS島に到着し自由に動けるようになったのは、もうお昼前に差し掛かっていました。

ですのでまず最初にやったことと言えば、センターハウス奥にある更衣室で水着に着替え、それからその足でレストランに行きランチを取ることからのスタートでした。

 

COCOS島におけるランチタイムの模様

COCOS島のレストランはバイキング方式でした。
各々好きなものを取ってダイニングテラスにて好きに食べるというスタイルでして、これは特に他のリゾートとそう変わりはありません。

ただここでは、水着着用での食事禁止とのこと。
しかし実際には、水着の上にちょっと何かを羽織っていれば問題ないようです。
実際僕たちが食べたときも、大半の人がそのような出で立ちで食事をしていましたので・・・なので、水着でも問題ない(たぶん)

 

さてランチバイキングの内容ですが。
普通にご飯がメインの構成になっていまして、ここでも春巻きが目を引きました。春巻きはグアムの定番食材なのでしょうか?と思いたくなるほどに春巻きをよく見かけます。ここでの春巻きはごくスタンダードなものでしたが、ほかのどのおかずよりも美味しかったです。

他には焼きそば、蕎麦、肉料理にサラダとバイキングに必要なものは一通り揃っていました。やや小ぢんまりとした空間ですが、そこには充分お腹を満たすのに満足な食事を味わうことができました。

また、ここでも飲み物は無糖アイスティーがフリーで提供されていました。
日本で言うところの麦茶に相当するのでしょうか。僕もようやく無糖紅茶に慣れてきました。

このバイキングでは皿を何枚も使うのではなく、ランチプレートのようなものに好きに盛っていくスタイル。なので僕はここにはこれが入るであろうな、と適当に思いながらそれぞれ料理を盛りました。

 

ここでゆっくりランチタイムを過ごしたかったのですが、そうもいかず。
生憎ランチ時間がスケジュール上短くて、しかもアトラクションを複数予約していたので優雅にランチタイム後の一服を楽しむ余裕はありませんでした・・・

無念ではありますが食事もそこそこにして、サッサと遊びに出かけるのでありました。

関連記事

記事はありませんでした

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

グアム旅行記@白桔梗.com 記事一覧

  グアム旅行記@白桔梗.com 記事一覧

グアム旅行記で紹介したサイト一覧

    当グアム旅行記において、参照したサイトを一

グアム旅行記 第61話《最終回》「はじめてのグアム家族旅行感想」

COCOS島での海の中   2012年7月に開催され

グアム旅行記 第60話「I-94W出入国カードが手元に残ってる!どうすればいいの?」

  米国領での旅行にありがちなことらしい、I-

グアム旅行記 第59話「グアム旅行の終わり 帰国」

  3泊4日の行程でのグアム旅行もとうとうおし

  • PAGE TOP ↑