グアム旅行記 第29話「DINNER UNDER THE SEA~海底ディナー体験記」

ディナー※画像はイメージです。

 

UNDER WATER WORLDにて、グアムの2日目のサンセット以降の時間を楽しむことにした僕たち。

ここからはディナーを経てひたすら近所でショッピングの予定です。
今回は、ディナーの様子を書いておこうと思います。

☆参考:DINNER UNDER THE SEA

 

DINNER UNDER THE SEAを体験

アクアリウム散策のあとしばらく近くのお店などをウロウロしていましたが、ようやくディナーの時間になったので再びアクアリウムへと戻ってまいりました。

海底レストラン「Dinner Under The Sea」は前にも書きましたが、このアクアリウムの途中通路上を利用したレストランです。
よって、ディナーのために再びアクアリウムを歩くこととなるのです。

最初に散策したときにも気づきましたが、通路の途中にカウンターバーがあったり、おそらくここがレストランになるであろうという場所がいくつか散見されました。なので場所の見当はついていたのです。

その場所に再びやってきますと、通路の壁に沿うようなかたちでディナーのための席が設けられていました。確か1日40組限定とかでしたから、そんなに数は多くないとは思われます。

僕たちのテーブルは、真横の水槽に大きなエイが留まっているところでした。その水槽に向かって卓を囲む感じで着席します。

この後の時間がラウンジになるだけあって、最初に提示されたドリンクのメニューは(内容は覚えていませんが)バラエティ豊かでした。
普段はアルコールを飲まない僕でも、ついつい飲みたくなるカクテルがズラリ。
当然その中からチョイスして飲みましたよ^^

ちなみに、この時のメニューは以下のとおり
(パンフから抜粋、その通りでしたので)

・本日の特製ビスチェ
・フレッシュガーデンサラダ
・スープデジュール
・グリルテンダーロインメダリオンとブラジリアンロックロブスターテール
・チョコレートフォンデュ
・コーヒーOR紅茶、無糖アイスティー

子どもには、子ども向けの専用のメニューがある、というか勝手にそうなるようです。
メインディッシュに肉か魚どちらがよいか尋ねられていました。
まあウチの子どもらは肉一本ですけども。

 

海底ディナー 食事の様子

撮影機器がなくて、画像に残せなかったのが本当に残念です。
文章だけでどんだけ伝わるかわかりませんが、書いておきます・・・

最初の特製ビスチェなるものは、魚介類の和え物的な食べ物でした。
フランス料理みたくお上品に飾られていて、崩すのがちょっともったいなかったけど・・・美味しく頂きました。

次は定番のサラダ。
特筆するべきことはありませんが、ちゃんと美味しく頂けました。

次にやってきたのが冷たいスープ。
それを経てメインディッシュです。
要するにグリルステーキとロブスターのコンビが出てきました。
あまりロブスターは個人的に好きではないですが、ステーキともども見た目以上にボリュームがありました。というか、通常ならどちらかでも充分かも。
そのボリュームあって、ここで結構お腹いっぱいになりました。

注目は、デザートです。
チョコフォンデュがデザートで出てくるなんて(!)思いもしなかったので意外な気分です。
フルーツをドロドロのチョコにつけて食べるわけですが、イチゴやらメロンやらを濃厚なチョコにつけておいしく頂きました。

 

いちいち品目別に書きましたが、まあ要するに全部美味しかったんです。

食後には僕はコーヒーを頂いて、ちょっと満腹なお腹を休めました。
何しろこの後かなり遅い時間までお買い物に奔走することが決まっていたので、ここでちょっと休んでおかないと体力がもたなくて勿体ない思いをしそうです。
ですので味を振り返りつつ、胃を休めました。

 

 

この後は周辺施設およびDFSギャラリアでのお買い物三昧の予定です。

その様子はまた次回、書きますね。

関連記事

記事はありませんでした

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

グアム旅行記@白桔梗.com 記事一覧

  グアム旅行記@白桔梗.com 記事一覧

グアム旅行記で紹介したサイト一覧

    当グアム旅行記において、参照したサイトを一

グアム旅行記 第61話《最終回》「はじめてのグアム家族旅行感想」

COCOS島での海の中   2012年7月に開催され

グアム旅行記 第60話「I-94W出入国カードが手元に残ってる!どうすればいいの?」

  米国領での旅行にありがちなことらしい、I-

グアム旅行記 第59話「グアム旅行の終わり 帰国」

  3泊4日の行程でのグアム旅行もとうとうおし

  • PAGE TOP ↑