グアム旅行記 第15話「レストラン『ALIZE』(GUAM REEF HOTEL内)でディナー」

a1180_009487※写真はイメージです。

 

グアム旅行1日目は、あんまり時間がなかったこともあり、時間の殆どをお買い物と散策にあてました。とはいえ、GPOやDFSギャラリアなど、結構楽しんでショッピングをしてしまいました。正直、時間を忘れていました。

そうしているうちに時間も21時くらいになってきまして、それにそろそろ疲れてきたということもあり、今回のディナーはもうホテルのでいいや、というそんな結論になったのでホテルに戻ることになりました。

僕たちの滞在する場所であるGUAM REEF HOTELには、いくつか食事のできる場所があります。ただこのときはもう時間が遅かったこともあり24時間軽食などを食べられる『Sand Dune』(売店)かビュッフェのレストラン『Alize』くらいしかありません。※レストランの情報は当時のものです。

どうせ今から家族会議しても食べたいものの意見が割れるので、無難にバイキングできる『Alize』で食事をすることに。

 

Alizeでディナー

『Alize』は、ホテルの階層でいうとB1Fにあります。
メインロビーから海を見渡せる階段を下りていくと、すぐ目の前にはプールが広がっているのですが、その脇に『Alize』はあるのです。
基本的にはビュッフェスタイルのレストランではありますが、モーニング・ランチ・ディナーでそれぞれ違った特徴のある楽しみ方ができるそうです。

来るまでにちょっとモタついたこともあり、閉店時間が近くなってきていました。それでも色んな料理があるので楽しいものです。面白かったもの、特徴的なものをいくつか拾ってみます。

まず、鉄板焼き。
これは置いてある食材をセレクトして従業員に渡すと、鉄板でまとめて焼いて出してくれます。
同じ要領で、天ぷらなどというものもあり、これもまた、食材をリクエストまたはセレクトして渡すと片っ端から揚げて出してくれるのです。
確か一部魚介類は自分で取るのではなくスタッフにリクエストするのですが、うっかり量または個数を言い忘れてしまうと、結構大量に、ガッツリ盛って出してくれちゃいます(笑

そんな感じで、結構お腹いっぱいになってしまうくらい選択肢の多いビュッフェスタイルになっていました。
で、ドリンクバーの炭酸ものが見事に炭酸抜けしていたのは・・・まぁご愛敬、ということで・・・

ちょっと来るのが遅くてじっくりとは楽しめませんでしたが、ディナーよりもモーニングやビュッフェで来る方が外の景色も相俟ってより楽しいだろうと思います。
何しろGUAM REEF HOTELはそのロケーションの良さが非常にウリとなっていますので・・・

 

嗚呼、初っ端からデジカメ紛失

嫁が、ここで食べているときにウッカリとデジカメを置きっ放しにしてしまったんですね。会計が終わって、レストランから数歩出たところで気づきました。

すぐに戻りましたが、何という早業。もうデジカメはありません。

ちなみにその時お店には、客は僕らのみ。ほかは全部スタッフ従業員です。
なので、尋ねてみましたが「知らん」。おお、まさかのホテル内で目にも止まらぬ早業でデジカメを盗まれてしまいました。恐るべし、米国。
一応ダメもとでフロントに紛失の申し出をしておきましたが、もちろんやる気などなく。残念無念、デジカメが戻ることはありませんでした・・・このため、グアム旅行での写真が極端に少なくなったということです。

 

このデジカメ紛失に結構エネルギーを消費してしまい、また満腹も加わってとても眠くなってしまいました。部屋に戻りシャワーを浴びると、ほぼバタンキュー状態で眠ってしまいました。

 

 

こうしてグアム1日目は終わっていきます。
翌日は朝イチからツアーでお出かけします。
次回はその模様を書いていきます。

関連記事

記事はありませんでした

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

グアム旅行記@白桔梗.com 記事一覧

  グアム旅行記@白桔梗.com 記事一覧

グアム旅行記で紹介したサイト一覧

    当グアム旅行記において、参照したサイトを一

グアム旅行記 第61話《最終回》「はじめてのグアム家族旅行感想」

COCOS島での海の中   2012年7月に開催され

グアム旅行記 第60話「I-94W出入国カードが手元に残ってる!どうすればいいの?」

  米国領での旅行にありがちなことらしい、I-

グアム旅行記 第59話「グアム旅行の終わり 帰国」

  3泊4日の行程でのグアム旅行もとうとうおし

  • PAGE TOP ↑