秩父旅行記その15・『旅立ちの丘』

白桔梗です。

 

今回は、『秩父ミューズパーク』の名スポット

「旅立ちの丘」

に纏わる話をお届けします。

パーク内を散策し、 滑り台では尻を焦がし… ちょっとした暇潰しのつもりが、 なかなか楽しんでいる白桔梗。

 

ミューズアローと武甲山

そういえば、 『ミューズアロー』なるものを見つけた。 これは弓型の鐘である。 その矢の部分を引いて離すと、 鐘を突く構造になっている。 そこは秩父市街を見渡せる場所にあり 矢は、武甲山の山頂を向いている。 鐘を鳴らすと、武甲山目掛けて ゴワ〜ンと鈍い音が響き渡る。

どうやら、カップルかふたりで一緒に鐘を鳴らす… そんなスポットとして作られたものらしいですな。

 

さすがに、独りで鳴らしても 何か虚しいだけである…(涙)

気を取り直して、展望台へ向かおう。

 

おっと、ついでにこれが武甲山。

bukousan

 

ミューズパーク展望台

展望台は、辺り一帯が

『旅立ちの丘』

と呼ばれる場所であり、 展望台は、それ自体が モニュメントとなっている。
『旅立ちの丘』は、 全国各地で歌われている卒業の歌 「旅立ちの日に」 にちなんだものである。

なぜにここにそれがあるかと言うと、 実はこの歌「旅立ちの日に」、 秩父市立影森中学校から生まれたのである。 秩父発祥の歌なのである。

展望台は、秩父の産んだ名曲を モチーフにデザインされており、 手摺りは五線譜にかたどられているのが特徴的。

また展望台先端に進むと 影森中学校の生徒による コーラスが流れる仕組みになっている。

 

秩父を一望し、 風に吹かれながら 『旅立ちの日に』 をバックにたそがれてみる…

そういえばここは、 秩父の夜景が綺麗に 見渡せるらしい。 当然、デートスポットとして格好の場所だ。

さらにここでは、 五線譜型の手摺りに 「土鈴」や「絵馬風メッセージ」を結び、願いごとをすることができる。 これはカップルには盛り上がるだろう。

ちなみにこの「土鈴」「絵馬風メッセージ」は、 近くのレンタサイクルにある ガチャポンで手に入れられる。 そこでメッセージを書き入れることができるので 是非願い事を書いておこう。

 

…と、何だか今回は、 スポット紹介みたいになってしまった。 まあ秩父で屈指のデートスポットなのは間違いないので、 是非カップルでの訪問をオススメします。

では!次はいよいよ、 SLに乗って長瀞へ…

秩父旅行の定番コースを行きます。

それでは、また。

関連記事

記事はありませんでした

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑