秩父旅行記その14・『秩父ミューズパークで遊ぶ』

白桔梗です。

 

『秩父まつり会館』で 秩父の歴史の一端を学んだ 白桔梗は、そのあと時間が 少し空いたので、 『秩父ミューズパーク』を歩いてきた。

『秩父ミューズパーク』は、 秩父駅から少し西へクルマを走らせると、 秩父と小鹿野にまたがる 長尾根丘陵にぶつかり、その丘陵一帯に広がる 一大リゾートパークである。

☆参考:秩父ミューズパーク 公式サイト

 

ここで、この『秩父ミューズパーク』について ざっくりと書いてみる。

 

秩父ミューズパークについて

秩父の豊かな大自然を 生かしたこの公園施設は、 四つのエリアに分かれている。

スポーツの森では、プールやテニスなどがが楽しめる。

加えて、ミューズの森、文化の森、音楽の森に分かれており、 そこには遊具、散策道、百花園、展望台など、 様々な施設があり、ここだけでも 一日楽しめるだろう。 さすが、芸術の女神・ミューズをタイトルに起用しているだけのことはある。
1番の目玉は、市外を一望する展望台(後述)。 他に、ローラーすべり台(尻が熱くなる!)もいい。
全長3キロのスカイロードは タイヤ付の汽車スカイトレインが走り さらにレンタサイクルもあり、 自然の中を駆け抜けるのは爽快。

 

大雑把に書いてしまったが、 このように、秩父の自然に 包まれた大公園、それが 『秩父ミューズパーク』なのだ。

 

尻に火がつくほどにエキサイティング!

白桔梗は今回、先程イチ押しした 展望台付近を散歩した。 この付近は、 公園から秩父駅方面を一望できる場所だ。
クルマを置き、公園へ。展望台を横目に、 中へ進むとそこには、 ローラー滑り台があった。

白桔梗、思わず階段を駆け上がり、滑りにGO!

ガラガラガラガラ…

ローラーが唸り、白桔梗は いい勢いで滑り下りる。

滑り台はソコソコ長く、高さもあるので なかなか爽快である…しかし!

 

尻が熱い!!!

 

いかん、こりゃ火が出る!?
調子に乗って滑っていたら、 ものすごく尻が熱くなった。

賢いこどもがいて、 ダンボールを尻に敷いて滑っていた。なるほど…
熱くなった尻をさますべく、 辺りを歩くことにした。

 

この辺りは、公園のなかでも 東の端の方なので、 展望台でなくとも 歩きながらソコソコ景色を楽しめる。

 

しばらく歩いたあと、イチ押しの展望台へ…
ソイツはまた、次回。
それでは、また。

関連記事

記事はありませんでした

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑