ケアンズ旅行記 第65話「ナイトマーケット3日目」

night_marketこの日も、性懲りもなくナイトマーケットへ。

 

ケアンズ旅行4日目の夕暮れどき。

この日は、朝から下記ツアーのためにキュランダを満喫していた。

☆参考:世界遺産!選べるキュランダツアー・デラックスコース 詳細

ツアーから戻ったのが17時台。しかし、ノンビリしている暇はなかった。このあと時間を置かずにまた別のツアーに出かけることになっていたからだ。

かと言って、時間までこの娯楽の少ないホテルでダラダラしているのも勿体ない。

ということで、ちょっとした時間だけれども、この日もまた懲りずにナイトマーケットに出かけた白桔梗一家なのであった。

なお、これまでのナイトマーケットでの様子は以下の記事に書いてある。

☆参考:ナイトマーケット1日目その①

☆参考:ナイトマーケット1日目その②

☆参考:ナイトマーケット1日目その③

☆参考:ナイトマーケット2日目

 

夕刻。ちょっと時間があったのでナイトマーケットに散歩がてら

キュランダのツアーから戻ったばかり。まだ陽は暮れていないけれど、夕刻と呼べる時間帯。このあと夜にもツアーを入れているのだが、ホテルに戻ってちょうど1時間くらい空いている。

ここで僕は、こんなことを思ったのを記憶している。

滅多にない機会なんだから、疲れようがどうしようが時間を有効に使いたいッ!

そう思ったら、外出していた。

 

そういえばこの辺の通り沿いには大きな木を多く見かける。何故かそのうちのどれか一本に、いい確率で鳥たちがけたたましく集まっている光景を見かけた。この日は確か、ホテルから見てナイトマーケット直前の交差点付近のある木に群がっていた。あれはいったい、何だったのだろうか。

外出と言っても、時間は限られているのでまたまたナイトマーケットに行くわけなんだけども。まったく、僕らは飽きないな。

もう夕暮れ時で、まだ明るかったが早くも夕食どきのような雰囲気が漂っていた。前々日(ケアンズ滞在1日目)にちょっと書いた、「男性用」と書かれた椅子が店頭にあるお店に寄った。そのお店は、Mantra Trilogy(マントラ トリロジー)の角にあった。確か「medi-spa」と看板が出ていたと記憶している。通りに面したショウウインドウが派手めなのに反して、売り場は意外と地味だったのを覚えている。もっとも、観光客向けではなく地元のギャル向けのお店のような印象を受けたのだが。

ここのお店にもあったが、「○個買えば(総額から)○○%OFF」みたいな売り方が目立った。この辺のお店でのセールの主流なのかな?と思った。つい買っちゃうんだけどね。

そうやってブラブラしているうちに、ナイトマーケットにたどり着いてしまった。

 

この日のナイトマーケットでの様子

ナイトマーケットは前の日もその前の日も訪れているので、実はことさら目新しいことはなかった。まあ、行動をいちいち書いておこうと思う。

 

時計も今度は壊れずに稼働しているみたいなので、緊急で買い替える必要もなかった。

娘が何やら気に入った服があって買おうとしたら嫁の反対にあって揉めた。しかし1回目の訪問時にも似たような悶着を起こしているので、今回も却下は可哀相だと思い結局、日本に帰ったら自分のお小遣いから後払いする条件で買ってやった(というのはもちろん方便で、特に娘からは徴収していないw 甘い父であった)。
↑いかん、嫁に見られたらバレてしまう。まあ見ないとは思うが。

嫁が、前日に化粧品を買ったお店にまたまた足を運んでいた。
そこのお店のおばちゃんは、嫁のことを覚えていたようだ。やっぱり食えないおばちゃんだな。まあいいけど。そこのお店には、チョコやナッツなど他にもあるようなスタンダードなお土産も売っていた。嫁はここでも、まだ土産を買い足りないとかで物色していた。そして箱に入ったチョコ類は充分買ったのだが、ちょっとした小分けのモノが欲しかったというのが理由らしい。
やっぱり、行けば何か買いたくなるものだよ。

 

それで実質30分くらいしかいなかったと思うが、とりあえず一周ぐるっと見てまわった。僕は何か心残りがあると思ったが、それが何か思い出した。

そうだ、何かオーストラリア的なデザインのTシャツを1枚買って帰ろうと思って忘れていた。

初めてここへ来たときに、翌日のダイビング時における紫外線対策にと、黒いTシャツを買っていた。ウッカリさんな僕は、紫外線を通してしまう白Tシャツしかもっていなかったためだ。しかし、それは緊急で購入したものであって、好きに選んだものではない。

ということで、僕はかねてから目をつけていたTシャツを買ってきた。
ゴールド(黄色)と緑の、いかにもオーストラリアといった感じのカラーリングのものを買った。何だか、サッカーオーストラリア代表のキーパーになった気分だ。まあカラーリングからして、円堂守っぽいけどなwゴッドハンド!というより僕はアレだ、グレートバリアリーフを学んだのであった。

ちなみにこのTシャツは、先日娘にキャップを買ったのと同じ店で購入した。
レディースモノの水着が結構可愛いデザインのものが多かった店だった。

 

さあ、時間もないしサッサと帰ってツアーに備えることにする。

関連記事

記事はありませんでした

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • PAGE TOP ↑