ケアンズ旅行記 第61話「レインフォレステーションその2 コアラ&ワイルドライフパーク」

rainforestation02ワイルドライフパークにてくつろぐカンガルー

 

ケアンズ旅行4日目。

僕らはツアーでキュランダを満喫している。

今回は、レインフォレステーション/Rainforestationでのお話後半戦。

ここでは、まず水陸両用車「アーミーダック」乗車とコアラ抱っこ体験をした。
今回は、後半・動物との触れ合いについて。

☆参考:世界遺産!選べるキュランダツアー・デラックスコース 詳細

☆参考:オーストラリアンツアーリンク AUSTRALIAN TOUR LINK

☆参考:RFS RainForeStation Nature Park

☆参考:レインフォレステーションその1

 

コアラ&ワイルドライフパークでの動物の数々

アーミーダックで心地よくまどろんだあとは、動物園に行った。ここには、当然ながらオージーならではの動物が勢ぞろいしていた。コアラやカンガルーはもちろん、ワニやタスマニアンデビル、ワラビー、ウォンバットなど。

せっかくだから、見た動物たちについて一言ずつ書いていこうかと。

 

rainforestation05

 

rainforestation03オージーのワニは獰猛な奴が多いらしい

 

ワニに関しては、(夜も別の場所で同じような話を聞くことになるが)非常に凶暴な奴がいるらしい。なんでも、繁殖用として飼われていてメスをあてがわれるも、次々と食べてしまうらしい。それで繁殖からお役御免になったそうな。何という奴だ。

 

rainforestation04絶滅危惧種らしいヒクイドリ

 

あと、「飛べない鳥」って呼ばれていた絶滅危惧種がいたな。あ、ヒクイドリ(火喰い鳥)だ。柵の向こうで何だかまったりしていたな。なお、ヒクイドリをクワッサリーと呼びたくなる人は、どうやら僕と趣味が合いそうだw

 

rainforestation09ウォンバットの赤ちゃんらしきもの

 

隅っこでジッとしている、ちっこい動物を発見した。たぶんウォンバットの赤ちゃんだと思うんだけど、確証がない・・・ ぬいぐるみか、置物みたいにおとなしくしていたのが印象的。

 

rainforestation06

 

rainforestation07

 

rainforestation08コアラ3連発。昼間だけれど起きていたのが多かった

 

コアラはこの直前にも実物に触れたし、また夜の別ツアーでも嫌と言うほど見ることになる。多摩動物公園なんかで見るコアラは、昼間だからか寝てるやつばっかりなのに、ここにいる彼らは多くが起きて動いていた。生活習慣でそういう風になってしまったのかな??

 

なお、カンガルーやワラビーは、特に金網で遮られているわけでもなく、自由に歩き回っている。いくらでも触れ合うことができそうだ。が、どちらもここまでにさんざん触れ合い体験をしてきてしまっていたため、特にここで興味を引かれることはなかった・・・

また、彼らには直接餌をやることも可能らしいのだが、生憎時間が非常に限られていた。なので断念。もうちょっとツアーの時間振りに余裕が欲しかったなあ。

 

レインフォレステーションとお別れの時間

ここの動物園エリアは思ったより小さく、10分くらいで歩いて見て回れる程度の広さしかなかった。そのせいか、ここで遊ぶ時間は15分くらいしかないらしく、さおりさんが時間を気にしながらウロウロしていた。こう言っては失礼だけど、そんなさおりさんも園内の小動物のように見えてちょっと面白かった。

しかし、なんてせわしいツアー何だよ全くもう。
だけど僕は前科があるので、ちょいちょい時間を確認しながら動物園をウロウロしていた。今度また遅刻したら、これはかなり気まずいことになるからなあ・・・

 

幸い、時間に余裕を残して主だったものに見て触れることができた。
まあ、上述のとおり、カンガルーやワラビーに関しては、既にもうたくさん見て触れているので、そこまで触れる感動とかそういったものはなかったんだけどね。
個人的には、そこにクワッサリーがいたのがとっても意外だった。

集合時間間近になったので、動物園を出ることにした。

まだ時間がちょっとあったみたいなので、喉が渇いた僕は飲み物を購入した。ラインナップはケアンズ市街のものとそう変わりはなかったが、ここにはゲータレードがあった。しかも何種類もあり珍しく思った僕は、レモンライム味を購入した。

ちょうど午後一番気温のある時間帯だったせいか暑く、喉越しが最高だったのを覚えている。

そして時間もボチボチなので、僕らはレインフォレステーションを出てバスに乗り込んだ。

関連記事

記事はありませんでした

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • PAGE TOP ↑