ケアンズ旅行記 第30話「RYDGES TRADEWINDS CAIRNSのプールにて」

rydges_tradewinds06RYDGES TRADEWINDS CAIRNSのプール

 

ケアンズ旅行2日目。

RYDGES TRADEWINDS CAIRNSに到着したが、特にすることもなかったので子どもらとホテル内のプールにて遊んだ話。

 

RYDGES TRADEWINDS CAIRNSのプールへ

というわけで、子どもらをプールに連れて行くことになった。
海に入る予定でいたので、水着は持ってきてある。
どうせなら、ということで僕も水着に着替えた。

そしてここで初めて、日焼け止めをしっかり全身に塗りたくった。

というか、ここまで日焼け止めを塗るということを忘れていた。オージーの紫外線を甘く見てはいけないというので、そろそろ塗ることにした。
嫁が持ちこんだアネッサは最強らしい。さすがSPF50+、PA+++だぜ!

心配だったのが、館内を水着で歩くことができるかどうか。
しかし、それは問題なかった。
むしろ、他の外国人客もズカズカと水着のままロビーをウロウロしたりしていた。なので特に確認する必要もないな、と判断して水着でロビーに降りていった。

なお、ホテルではバスタオルを借りることができる。
これは無料で、貸出と返却時にフロントにて台帳にサインをするだけで手続きは終わる。返すときなど、フロントの端っこにある袋に使用済みバスタオルを放り込むだけだ。どこかで、持ち出し禁止みたいなことが書いてあったのだが、結局タオル持ち出しもOKなことがわかった。

ともかくバスタオルを人数分借りて、中庭に降りていった。

ここのプールは三方向をホテルの建物に囲まれ、残る一方は通りの向こうに海を臨むことができる。プールは三日月形になっており、三日月の中央部分が一番深く、1.6mある。両サイドにいくに従って、浅くなっていくタイプのようだ。
片方の端には瀧のようなものが流れている。
敷地の中央は四阿のようになっていて、休憩することができる。
また、プールサイドはレストランに直結しており、何か飲みながら休憩できそうだ。一応、グラスの敷地内持ち込み禁止と札が出ていたが、ウッカリ持ち込んでも特に何も言われなかった

 

コークを片手にダラダラと・・・

musuko水没する息子。

 

さあ、早速子どもらをプールに放り込んだ。
単なるプールだというのに、奴らはテンション爆上げ。
ついでに僕も飛び込んで(いや、飛び込み等禁止だから控えめに、ね。)参戦した。

ここで僕は、ちっちゃい息子をかついで水中歩行し、最深部(1.6m。息子は水没する深さ)まで歩いていった。
近くでは外国人の少年が瀧のところで一生懸命ナナメ飛びをしていた。元気だなあ。
そして僕は、イナズマイレブン・ドイツ代表の必殺技「Uボート」を披露した。

ちょっと陸に上がって、子どもらがじゃれ合っている写真を撮ってみた。
そうしているうちに、どっか行っていた嫁もやってきた。

喉が渇いたので、嫁にレストランへ行ってコーラを買ってきてもらった。
瓶を持っていた宿泊客がいたので、瓶が来るかと思っていたらグラスだった。
そういえばケアンズではペプシを見ないな。全部コカコーラだ。まあ、美味しいからいいけど。

ちなみに気温は27℃くらいで、しかもこの時間帯ちょっと曇っていたので、水から上がるとちょっと肌寒いかも。
まあ子どもらはそんなことを気にせずに遊んでいたが。

一方、僕は水遊びは程々にして、プールサイドでコークを片手にダラダラとうつらうつらしていた。至福のひとときですな。

 

そうやって1時間ちょっとくらいはプールで遊んでいた気がする。
このあとお買い物にプラプラ行こうと話していたので、いい加減プールから上がった。

関連記事

記事はありませんでした

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • PAGE TOP ↑