ケアンズ旅行記 第24話「ケアンズを一望!ヘンリーロス・ルックアウト」

henry_ross_lookout02ヘンリーロス ルックアウトから見渡すケアンズ

 

ケアンズ旅行2日目。

僕らは午前中「4WDハマーツアー」に参加した。
HUMMERに乗って熱帯雨林を縦横に駆け抜け、カンガルーと触れ合い、ジャングルを歩きブーメランを投げた。

今回はその帰り道の話。

 

HUMMERツアーを体験して

HUMMERアクションドライブや熱帯雨林散策、ブーメラン投げとひととおり日常では体験できないことをやってきた。それに、あんなジャングルを上下左右に揺れながらオフロードドライブなんて、日常ではありえない。

HUMMERはまず、クルマ自体が滅多にお目にかかれないシロモノとわかってから価値が急に増した。

熱帯雨林を歩くのは、そりゃもうそういう場所に行かないと体験できないですから。しかもただのジャングルではない。世界遺産たる天然の遺産だ。
こんな人間と身近な場所にも熱帯雨林ってあるんだな、とあらためて思った。

ブーメランに関しては、やろうと思えばJAPANでもできなくもないだろうが
まずあれだけ好き勝手に投げられるような環境を探すのが至難の業だろう。
広い場所はあっても、JAPANには人間がうじゃうじゃいる。なのでブーメラン投げなんて危険でできないって。

そういう意味では、現地ならではの体験をさっそくしてきたというわけだ。
それらをひととおり楽しんだあと、ケアンズまでの帰り道の途中。

トニーが言うには、ちょっと休憩をするそうだ。

僕はツアー概要を失念していたので抜けていた。帰り道に、ちょっと眺めのよい場所に立ち寄ってケアンズを一望するというものがあったのだ。

 

ヘンリーロス ルックアウトからの眺望

henry_ross_lookout01眼下の熱帯雨林、その向こうにケアンズを臨む。

 

僕らを乗せたハイエースは、ある場所で路肩に止まった。
キュランダからは只管山道で、周囲の景色は熱帯雨林の木々に囲まれているばかりだったのだが、突如トンネルを抜けたかのように周囲の視界が開けたところで、クルマは停まった。

聞けばそこは、ヘンリーロス・ルックアウトという展望スポットらしい。
ちょっと道路の路肩に停めるスペースがあるくらいのもので、ほかには特に何もない。

しかしそこからの眺めはもう、世界の広がりを感じるくらい素晴らしい。
まだ結構標高のある場所なせいか、ケアンズ市街から珊瑚海を見渡すことができる。上の画像を是非眺めてもらいたい。
ちなみに眼下には、まだまだ熱帯雨林が続いている。どうやら脱した場所ではないらしい。

ここで僕らはしばし、景色を眺めることとなった。

 

henry_ross_lookout03ケアンズ、珊瑚海までよく見渡すことができる。

 

こうしている間にも、チラホラとここへクルマがやってきては人が降りてくる。どうやらここは、それなりに人気の展望スポットと見受けた。まあ、ツアーに組み込まれるくらいだから、当然か。

来た人たちは景色を眺めたり、写真を撮影したりしていた。
当然僕らも同じように、そりゃ観光客ですから当たり前に撮影をしたりする。

しばし景色を楽しんだあと、出発するので皆クルマに乗り込んだ。
しかし、クルマはすぐには出発しなかった。

そしたらトニーがおもむろにノートパソコンを持ちだした。そしてそれに収納されている自分の活躍写真を僕らに見せてくれた。
どうやら彼は海のそばに住んでいて、日々マリンスポーツに興じているとのこと。
どうりでなかなかいい体格をしている思った。にしても、観光客に自分の活躍姿を見せるとは、なかなか自己顕示欲の強い漢だな。彼はツアーを通してちょいちょい、こうした「俺カッケー☆」アピールを挟んできていた

 

さあ、いよいよホテルに向かうとするか。
この時点で、まだお昼にもなっていなかったと思われる。

関連記事

記事はありませんでした

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • PAGE TOP ↑