ケアンズ旅行記 第18話「ケアンズ~キュランダ 熱帯雨林を疾走」

rainforestオーストラリアの熱帯雨林。世界遺産。

 

ケアンズ旅行2日目午前中。

僕らは急遽参加したツアーのため、ケアンズから北西にある山間の村・キュランダを目指していた。ツアー会社「どきどきツアーズ」のハイエースに揺られて移動中の話をここに。

☆参考:どきどきツアーズ ケアンズ WEBサイト

☆参考:4WDハマーツアー

 

キュランダへ向かう山道での様子

僕らの乗せたハイエースが向かった先は、キュランダ。
なおこれは、後で調べて判明した。また、2日後につまり旅行4日目にもこのキュランダを訪れることになる。

キュランダはケアンズから北西方面に山を登っていったレインフォレストの中にある村。周囲が一面、熱帯雨林に包まれている。まさにレインフォレストだ。
そしてそれら全てが世界遺産に指定されている。
その中にあるネイチャーパークなる場所を目指して行くそうだ。
体感的にだが、クルマでケアンズ市街から30分程度だったように感じた。

ケアンズ市街から伸びる国道1号線を只管走行していき郊外に出るともう、そこは熱帯雨林。それとともに道は上り坂続きになり、途中九十九折の部分なんかもあって山道全開である。ちなみにこの国道は、エアーズロックなどオーストラリアの中心の方まで延々続いているとのこと。
日本じゃ味わえない、気の遠くなる話だなと思った。

 

余談だがこの国道、制限速度が60kmとかだったと記憶している。日本の山道ではありえない高速制限になっていた。確かにケアンズ市街でさえ信号は少なく、郊外に出てしまうともう信号なんてない。只管道一本という感じだしそもそも道自体広いので、それくらいスピードを出しても問題ないのだろう。

そういえば平地では普通の国道なのに制限速度80kmなんて場所もあったな。しかし山道には変わりないので、かなりクルマは左右に揺れるし、クルマ酔いしやすい人にはちょっと厳しいかもね。

国道を疾走している間、景色は延々熱帯雨林。
上述のとおり辺り一面熱帯雨林だらけなので、まあ当然か。
ちなみにこの熱帯雨林、広さ100エーカー、400000平方メートルの広さを誇るらしい。うっかり迷い込んだりした日には、問題なく逝けるものと思われる。

 

この広大な熱帯雨林の海とも言える深い森の中に、キュランダ村およびネイチャーパークなる場所がある。間もなく僕らを乗せたハイエースはそこに到着するのであった。

関連記事

記事はありませんでした

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • PAGE TOP ↑