ケアンズ旅行記 第1話「はじめてのETAS取得」

passport

 

オーストラリアへ旅するということで、パスポートとビザが必要になる。
パスポートは、前年にグアムへ行った際に10年で取得したので問題なし。
問題は、ビザだ。

オーストラリアへのビザは、電子ビザのみとなっているらしい。これをETASという。もしくはETAとも。とにかくこのETAS電子ビザを取得しておかないと、ケアンズはおろかオーストラリアに入国ができない。なので、この旅行まずはビザ取得作業から始まった。

 

電子ビザ「ETAS」とは

ETAS(イータス)とは、「ELECTRIC TRAVEL AUTHORITY SYSTEM」の略。旅行者の情報、名前、生年月日、パスポート番号などの必要情報を登録。入国の際、オーストラリア政府移民局のチェックを受けることになる。問題なければホストコンピューターに登録の可否がおこなわれて、OKならば電子的に登録の通知が、申請代理人に戻ってくる仕組み。

これの取得は、移民局でWEBを通して直接手続きするか、民間の代行会社を利用するかになる。ツアーの場合、旅行代理店でもおこなっているようだ。

移民局でおこなうと、そのシステム使用料に20ドルかかる。
民間だと、それが安いところだと500円程度から頼むことができる。

 

ETASに関しては「オーストラリア観光ビザ・ガイド」に詳しいのでそちら参照。
☆参考:オーストラリア観光ビザ・ガイド

オーストラリア政府移民局から直接申請するならこちらから。
☆参考:オーストラリア政府移民局(日本語)

ついでに、オーストラリア政府観光局のサイトも載せておく。
☆参考:オーストラリア政府観光局(日本語)

とにかく事前にビザを取得しておかねばならない。
僕は民間の登録代行業者を探してそちらで手配した。

 

今回僕が選んだETAS取得方法とは

僕が今回利用したのは以下の業者。

株式会社ビューグラント

検索でもGoogle広告欄によく出て来る会社。
ここは全般的に格安の部類に入るが、出発日時や人数などで価格が変わる。
僕の利用時の条件では、1人あたり350円で利用することができた。

僕がすることは、パスポート情報を提供して料金を払うだけ。
数日とかからず登録完了のお知らせが来た。
この会社ではメールと郵便とでお知らせをしてくれる。
提供したパスポート情報もあわせて添付してくれるので、旅行時など確認用に持っているといい。

なお、念のため僕は旅行代理店にも、このETAS登録が完了しているのかどうか確認しておいた。聞けば確認してくれるらしい。心配性な人は、この作業も併せておこなっておくといい。

 

ともかく、これにてビザ取得作業は無事完了したというわけだ。
これで最悪、オーストラリアに観光で行くことはできるようになった。
ついでながら、ETASは申請から1年間有効らしい。

関連記事

記事はありませんでした

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • PAGE TOP ↑