熱海旅行記2016 第1話「往路」

公開日: : CATEGORY: | TAG:, , , , ,

sea01

 

熱海へはクルマに乗って出かけた。

ここでは、往路の様子について記しておきたい。

 

初めての小田原厚木道路

神奈川県西部を横断する「小田原厚木道路」。伊豆には何度も足を運んだことがあるクセに、僕は未だにこの路線を利用したことがなかった。まあ、並行するように走っている東海道(国道1号)を走っても方向は変わらないからね。

☆参考:小田原厚木道路 – Wikipedia

今回、初めてこの一般有料道路を使ってみることにした。

埼玉県民たる僕は、国道129号を南下して小田原厚木道路に乗る。高速道路ではないけれど、まああまり変わらないか。ともかく、初めて乗る路線にちょっぴりウキウキを感じていた。

 

hiratsuka_pa01

 

出発がちょっと遅めだったこともあって、この道路を走行中にランチタイムにさしかかってしまった。というか、お腹空いたしちょっと眠くもなっていたんだ。

ということで、道中平塚PAにてご休憩。ついでにランチを物色。

売店が、スリーエフプロデュースのお店だったんだ。そこで、淹れたてアイスコーヒーとおにぎりを買ってその辺で食べたよ。天気は薄曇程度でソコソコ暑い感じだったけど、気持ちいいランチタイムだったね。

ここで空腹と眠気を解消し、再び出発。

ここから小田原方面にかけて、山がちの景色の中を走ることになる。最初が市街地だったので、ここまで来ると「旅に来た」という気分を満喫できる。

そして小田原へ至るとそのまま西相バイパスをちょこっと走り、石橋で降りて伊豆半島へようこそ。

 

真鶴道路

冒頭の画像は、一般有料道路・真鶴道路を走行中に撮影したものだったと思う。

今真鶴道路といえば、「真鶴ブルーライン」という名前になっているらしい。しばらくご無沙汰している間に、ハイカラな愛称がついたもんだ。

☆参考:真鶴道路 – Wikipedia

さあこの真鶴道路は、神奈川県の端・真鶴町と湯河原町とを結ぶ道。多くが海沿いを走るようになっていて、僕は伊豆へ来るとここか石橋あたりで初めて海の景色を堪能することになる。

昔この真鶴道路を走っていて、面白いお土産屋さんがあったと思うんだ。向かいにレストランがあり、よく渋滞する場所にあったと記憶している。

そのお店を探したんだけど、僕の覚えている景色は見つからなかった。帰りにも目を凝らして探してみたけれど、やっぱり発見できず。真鶴道路だったと思うんだけどなあ。あの、干物をその場で炙って食べられたお店、どこにあったんだろう。

ともあれ、ここを抜けたら静岡県。そしてすぐに目的地である熱海市へ突入する。

週末の割には、一部以外は大した渋滞がなくて助かったよ。でもさすがに、真鶴道路含む国道135号は混むね。まあ、しょうがないか。

 

関連記事

記事はありませんでした

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑